建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

トイレ
IMG_2663_R.jpg
平屋ですがご家族が多いのでトイレは2ヵ所設けました。
こちらは居間に近いトイレです。
広さは1.3畳ほど、カウンターと手洗いを設けています。

リフォームのため大きな梁を受ける柱はなるべく残して計画します。
3尺の柱間隔なので両側から使用できる場合は半々や1対2など目的に応じて仕切りが出来ます。
この場合は冷蔵庫置き場とカウンターと2対1の割合に仕切りを行いました。

カウンター幅は30センチ程度とし、下にトイレットペーパーや掃除用ブラシなどの収納としました。
また、カウンター天板は立ち上がり時に手摺代わりとして使用できます。

IMG_2967_R.jpg

トイレ内手洗いは設置するかどうか、設計時にご家族で検討の対象になった部分です。
トイレを出て直ぐに洗面カウンターがあるので、トイレ内に手洗いが無くてもよいという意見と、トイレ内で手洗いも済ませたい意見が出ました。
検討の結果、家族も多いことからトイレ内に手洗いを付けることになりました。
カウンター奥行きに設置できる小ぶりの陶器製手洗い鉢を、建て主さんに購入していただき設置しました。
スポンサーサイト
洗面コーナー
IMG_2647_R.jpg
厨房北側に2畳の広さの洗面コーナーを設けました。
奥に脱衣室、左はトイレ入口になります。
厨房南の開口部から脱衣北側の開口部まで南北に風の通り道を作り、春から秋までの風通しを考慮しています。
また、キッチンからの動線も真直ぐ進み脱衣の洗濯機から勝手口、外物干しまで短い距離で家事ができます。
少年野球の練習の帰りは勝手口から入り、洗面を通り脱衣から浴室へと玄関や居間を通らずに行くことができます。

DSC01306_R.jpg
洗面コーナーや水回りの各部屋を配置したリフォーム前の北側にあった和室です。
リフォーム後は押し入れの所が洗面化粧台になりました。

IMG_2641_R.jpg
作り付けの洗面化粧台と両脇に棚、正面全面にカガミを設けました。
流しは洗濯物の下洗いもできる病院用流しを採用、天板は人造大理石カウンターを用いました。
洗面カウンターは約1.4mの長さがあるので、朝の忙しいときには2人並んで歯磨きや身支度が出来ます。

IMG_2643_R.jpg
脱衣室を使用する時は引き戸を閉めますが、日常は冬季でも開けておいた方が脱衣室まで暖房が行き渡ります。
脱衣室と洗面を分けると入浴中でも洗面が使用できるので、大家族の場合便利です。
勝手口兼食品庫
IMG_2706A_R.jpg
厨房側からの勝手口入り口です。
東西に延びる通路の西にあり、厨房からの出入りや洗濯物の動線など便利な位置にあります。

リフォーム前の厨房にも勝手口がありましたが、ドア一枚で直接北側に出ることや、生ごみの搬出位にしか使う用途が無いため次第に使用されなくなり、物置になっていました。

リフォーム後の勝手口は増築された食品庫を兼ねているため、引き戸を開けても風除室代わりの食品庫があるので直接外気が入ることはありません。
また、食品庫は断熱気密の外側に考え、外と室内の中間領域とするため外部用の気密断熱に優れたサッシを用いています。
冬季は室内の暖かい空気から区画され、野菜類や果物の保管場所になります。

IMG_2670_R.jpg
食品庫は1畳半の広さです。
2方向に棚を回し収納量を確保しました。
右側棚の奥行きは60センチ、左側は30センチ弱の棚板を5段設けました。
広さは1畳半、天井の高さも2.2~2.35メートルと低めですが、棚を多く設けたことにより、たっぷりとした収納量が得られます。

IMG_2806a_R.jpg
外部からの勝手口ドアです。
ドアを開けると右に厨房への出入り口、正面と左に棚があります。
勝手口ドアは採風ドアになっており、暑い時期は風を取り入れることができます。
厨房2
IMG_2782_R.jpg
キッチン奥から南の庭方向です。
既存床柱の手前に調理家電棚、奥は食器棚になります。
調理家電棚は上部棚にオーブンレンジ、下部棚は炊飯ジャー用に引き出して使用することができます。
食器棚位置はリホーム前は床の間だったので、幅1間奥行き半間の広さがあります。
食器棚の奥行きとしては半間は深いので、通常の食器棚の奥行き45㎝程度として手前に食器を並べられるカウンターを設けました。
食器棚扉は引違戸なのでカウンターに物を置いても出し入れは問題ありません。

IMG_2772_R.jpg
キッチンから居間と庭方向です。
リホーム前のキッチンは北の窓に面し居間側に背を向けての家事でした。
キッチン幅と同じ長さ1間半の開口部がありましたが、単板の型ガラスのため外部が見えるという事もなく冬季は冷気の侵入口で寒い場所でした。

リフォーム後は南の大きな開口部から主庭を眺められる位置にキッチンを配置し、暖かく景色の良い場所で家事が出来るようになりました。
キッチンに立つと庭から室内全体を見渡せる場所になり、家族の様子など見ながら家事が出来るので、以前の孤立感はなくなり楽しみながら家事ができる場所になりました。

IMG_2747_R.jpg
キッチン北側には東西に延びる通路があります。
通路を奥に行くと正面にトイレ、通路より北側に寝室と子供室が並びます。南は親世帯寝室とサブの居間があります。

リフォーム前は動線が交差していたり、曲がりが多く効率的ではありませんでした。
リフォーム後は真直ぐな動線を通し、そこから南北の部屋へ行けるようにしました。
各室から出て真直ぐな通路を歩くと目的の場所、入り口に付けるので、角でぶつかるという事もなくスムーズな移動が出来ます。
厨房
DSC01296_R_20170327103700c32.jpg
リフォーム前の床の間のある和室を広縁側から見たところです。
ふすまの奥にも6畳の和室があります。

IMG_2761_R_20170327103656ec2.jpg
リフォーム後は床の間のある和室が厨房に代わり、床の間があったところに食器棚を設けました。
床柱の落とし掛けの加工跡には埋木を行いました。
既存の床柱だけ周囲の木材より太く色が異なるので、ここが以前の床の間だった事が分かります。

奥の和室は浴室やトイレ、脱衣、洗面コーナーになっています。
キッチンから近く便利な家事動線になりました。

IMG_2750_R_201703271036570f2.jpg
キッチンは居間に向かって対面式としました。
居間側から流し手元が見えない高さにカウンターを立ち上げています。
6畳の和室と4.5尺の広縁を含めた幅があるので、キッチン周りを回れるように配置しました。
流し側でもコンロ側からでも両方の動線が取れます。
回れるキッチンは配膳や片付けなどお子さんも手伝いがしやすくなります。

手前左側に書斎コーナーがあります。
家族の書斎としてですが、キッチン近くにあると家事の合間に利用するのに便利です。

IMG_2768_R.jpg
キッチンコンロ側から居間と北にある洋間方向です。
キッチンから居間や洋間で遊んでいるお子さんたちの様子が良くわかります。
完成引渡
IMG_3484_R.jpg
消防検査、建築完了検査も終わり竣工引渡となりました。

今冬の雪の多さと寒さにも関わらず、3月の竣工に間に合ったのは施工業者の皆さんの努力のおかげと思います。
より良い建物を引き渡したいと思う皆さんの熱意のおかげで、性能・品質の良い建物を引き渡すことが出来ました。
工事に携わった皆さんにお礼申し上げます。

IMG_3405_R.jpg
施設の代表の方に施工業者さんから竣工書類の説明と鍵の引き渡しを行いました。

来週から家具や電化製品の搬入と入所者の方の引っ越しが始まります。
4月より開所になります。
建築完了検査
IMG_3402_R.jpg
建築の完了検査を受けました。
建築基準法上の完了検査は確認申請提出時の図面に沿って書類検査と現場検査を行います。
外部検査では敷地境界の確認と道路の関係を見ます。
浄化槽検査では申請時と同じメーカーの型番、人槽の確認を行いました。

室内では換気や採光、排煙などの開口部の確認を行いました。
非常用照明では照度検査の書類確認後、現場では電灯を切り非常用照明の点灯と箇所の確認を行いました。
シックハウス関係では、給気位置や排気の換気扇に機種などの確認を行いました。

IMG_3401_R.jpg
防火上主要な間仕切り壁では天井点検口より施工の状態を確認しました。

検査は特に問題なく合格となりました。
検査済み証の交付は来週になります。
家づくりセミナー
家づくりセミナー 「価格のわかる家づくり」

日時 3月26日(日)10:00~14:00~

場所 渋川市行幸田3216-2  田村建築設計工房にて開催します。

品質が見える、価格が見える、過程が見える、作る人の顔すべてがわかる家づくりを実例を交えながらご紹介します。
内容は省エネ住宅、家づくりのコスト、工事への参加、分離発注等です。
リフォームや店舗、事業所等にも対応しています。

IMG_9810_R_201703020906170ea.jpg
居間の延長としてのデッキ  Lがつなぐ家

IMG_5907A_R.jpg
一部2階建ての住宅  金山の家
2階建てですが高さを抑えたことにより圧迫感がなく景観に溶け込みます。

IMG_8572_R.jpg
オーダーキッチン  金山の家

IMG_2338D_R.jpg
通路兼用のギャラリースペース お子さんに絵本の読み聞かせ  燈(ともしび)の家
コーヒーを片手に坪庭を眺める・・・家事の合間にほっとするひと時

会場 田村建築設計工房
参加費無料です。
予約制となりますので申し込みは電話かメールにて前日までにご連絡ください。
書斎コーナー
IMG_2994_R.jpg

居間の一角に家族で使う書斎コーナーを設けました。
幅は4.5尺、奥行き3尺のスペースに机と本棚を設け、壁にはマグネット用の掲示板があります。

居間空間にあり隣はキッチンのため書斎にこもる感じではなく、家族が集まる場所に誰でも使える書斎コーナーがあると使い勝手もよくいつでもちょっとした時間に使えます。
インターネット配線やコンセントは机の下に設置しました。
机の天板に配線用穴を開けて机下にコードや接続機器を設置すると、机上の配線がごちゃごちゃしないですっきりします。

掲示板は白いガルバリウム鋼板を合板上に貼り、マグネット方式の掲示板としました。
白い塗り壁と同じような色になるので、掲示板という感じではなく違和感がありません。



家づくり・リフォーム 相談会
家づくりセミナー 「価格のわかる家づくり」

日時 3月26日(日)10:00~、14:00~

場所 渋川市行幸田3216-2  田村建築設計工房にて開催します。

品質が見える、価格が見える、過程が見える、作る人の顔すべてがわかる家づくりを実例を交えながらご紹介します。
内容は省エネ住宅、家づくりのコスト、工事への参加、分離発注等です。

IMG_7241A_R.jpg
ちょうどイイ家

IMG_7070_R.jpg
ちょうどイイ家 居間

IMG_8227A_R_2017031709024037a.jpg
長屋根の家

IMG_9900_R_20170317090238641.jpg
広い間の家

リフォームや店舗、事業所等にも対応しています。
DSC01288_R_20170307165101687.jpg
リフォーム前の2間続き和室

IMG_4706_R.jpg
リフォーム後はLDKの広い空間へ
性能の良い断熱気密改修で家全体が暖かい空間になりました。

IMG_8073A_R_201703071651060aa.jpg
狭い敷地の建替え
日当たり、眺望、開放感から2階居間としました。

会場 田村建築設計工房
参加費無料です。
予約制となりますので申し込みは電話かメールにて前日までにご連絡ください。