FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

子供室・書斎
IMG_6665_R.jpg
2階一番奥には4畳の子供室があります。
この部屋は2室に仕切ることが出来る子供室と異なり個室の要素が多くなっています。
お子さんが小さいときは、ご主人の書斎に使用する予定です。
お子さんが大きくなって集中して学習したい時期、個室の方が集中できる性格の場合、この部屋を子供室か学習室にする予定です。
それまでは書斎として使用し、また一時期お子さんが使用するとしても、その後また書斎として使用することになります。

IMG_6662_R.jpg
出入り口方向です。
珪藻土塗りの壁のため絵やポスターなど自由に貼ったり、小物を掛けたりが出来ないので一部の壁は杉板張りとしています。
杉板張りの壁ならば、テープや画鋲など自由に使えますし、釘やねじなど打ち込み小物など自由に掛けることが出来ます。

スポンサーサイト
子供室
IMG_6711_R.jpg
子供室は将来2室に仕切れるように10.5畳の広さがあり、出入り口も2か所あります。
南側は通路があり通路の向こうは居間吹き抜けになるため、南からの直接採光はありませんが、北と東に開口部があるため明るい室内になっています。

北の部屋は寒くて居室には向かないと思われがちですが、高気密高断熱をしっかりした家では家の中の温度差がほとんどありません。
寒く、また暑くなければ落ち着いて学習するには北にある部屋の方がより集中できると思います。
また、完全に仕切ってしまうと空気が回らなく暖気や冷気が入って来ないため少し温度差が出てきます。
建具を閉めても空気が回るように梁上は壁を作らないで、居間吹き抜け空間が続いているようにしました。

IMG_6707_R.jpg
中央に並ぶ家具は2室に仕切る時に移動させて間仕切りとします。
一つは半分の仕切りで両方から使用する本棚、もう一つは片側から洋服かけや収納棚として使用し反対側は掲示用の杉板張りとしました。
本棚が1つ洋服収納が2つあり、3つ並べると梁下の仕切りになります。
お子さんが小さいときは壁に寄せて部屋を広く使います。出入口も2か所あるので子供室と通路を回って遊ぶことが出来ます。
小屋裏収納
IMG_6652_R.jpg
小屋裏収納は階段を上がった先にあり8畳の広さがあります。
場所は平屋部の寝室と通路やトイレ上になります。
1階に寝室を配置する場合、なるべく寝室上に子供室を配置しないようにした方が、音の問題など少なくなります。

小屋裏収納は天井の高さ1.4m以下、利用する階の床面積の1/2以下、開口部の大きさなど決められています。
季節の物や、年数回しか使用しない物の収納場所として確保しておくと便利です。
収納だけなので、床は構造合板表し、壁はボード表し、天井は化粧石膏ボードです。
床や壁は下地材の表しのため、釘やビスがそのまま見えますが物を入れると気になりません。
2階通路
IMG_6781_R.jpg
階段を上がると奥には将来子供室になる可能性のある個室の書斎があり、集中して学習したいときは奥の部屋を使用します。
手前右側は広い子供室があり、将来2室に仕切れるように入口が2か所あります。
左側は居間吹き抜けに面し、手摺壁上は吹抜けにつながるように開放になっています。

IMG_6783_R.jpg
通路奥から階段方向です。
梁下は2メートル弱の高さですが、天井は梁上に屋根勾配なりになっているため低さを感じません。
通路の照明は上下に配光するブラケット照明を2個並べて取り付けました。
壁に反射した明かりが通路を照らすと共に、上に抜けた明かりが天井を照らし、反射した明るさが全体を照らすと共に天井を高く感じさせてくれます。

屋根葺き、1階軸組、サッシ搬入
DSC00033_R.jpg
主屋根のガルバ鋼板立平葺きが終わりました。
屋根が葺き上がると一安心です。

DSC00036_R.jpg
1階筋交いや金物取付が終わりました。
瑕疵保険現場軸組検査設け特に問題なく合格です。

DSC00007_R.jpg
1階室内も間柱や筋交いが入り、金物取付も終わりました。

DSC00013_R.jpg
サッシが搬入され取付場所近くに置かれています。
来週はサッシ取付に入ります。
居間吹き抜け
IMG_6645_R.jpg
階段を上っていくと居間吹き抜けを通して、畳コーナーや居間、奥には厨房が見えてきます。
階段の上り下り時に居間でくつろいでいる家族の姿や厨房に立つ母親の姿が見えます。

居間の吹抜けは2階通路につながっています。通路と子供室梁上もつながっているので、居間吹き抜けを通して子供室までつながっています。
2階が子供室だけの場合、吹抜けを通してつなげた方が気配が伝わり安心感があります。

IMG_6780_R.jpg
居間吹き抜けの南に開放できる窓を2ヵ所付けました。
気候の良いときや夏の夜間など開放して風を入れられるようにしてあります。

夜間は吹抜け照明の一部を上向きにして天井を照らします。
天井を照らすことで暗がりをなくし全体を明るくしてくれます。


階段
IMG_6411A_R.jpg
階段は居間テレビ台の裏から登ります。
居間から見ると階段の存在は分かりませんが、上っていくと居間吹き抜けを通して上がり下がりの姿は見えます。

居間から階段への角には丸太柱を設けました。
出隅を丸太柱としたのは、お子さんが居間から階段へ行くとき、階段から降りた時に手を触れそうな壁になるので、丸太柱としたら手を添えて回りやすくもなり壁も汚れないだろうと思ったからです。
また、壁との間を少し開けて丸太柱を独立させ、テレビ台を床の間として床柱のような関係性を持たせました。

IMG_6618A_R.jpg
階段下から見上げたところです。
手摺が付いている壁が居間との仕切り壁です。
階段を上っていくと仕切り壁の上からから姿が見えるようになります。
脱衣洗面からクローゼット
IMG_6581_R.jpg
脱衣洗面は通路からの出入り口と隣のクローゼットへの出入り口の2か所あります。
左の開口部外が居間へ通じる通路出口、正面の引き戸を開けるとクローゼットになります。

IMG_6583_R.jpg
クローゼットは3.5畳の広さで、片側はステンレスパイプを通しハンガーにかけて収納、もう一方は可動棚を設け畳んで収納になります。
小物はバスケットに入れて棚に収納になります。
また、ステンパイプ下は引出式の衣装ケースを置いて収納することも可能です。

クローゼットを奥に進むと居間食堂に出られます。
居間通路から脱衣洗面・クローゼット通り居間食堂へ、また居間から寝室を通り脱衣からクローゼットを回り居間食堂へと回れる動線が沢山あり、行き止まりが無いため家事がスムーズにいきます。
その他にも、キッチン回りやキッチン裏の収納裏も回れるため、家の中をぐるぐる回れる動線が多くあります。
家事動線が楽になると共に、お子さんの遊びが沢山出来ます。
脱衣洗面
IMG_6568_R.jpg
脱衣洗面は3畳の広さがります。
寝室から北へ進むと通路を通り脱衣洗面になります。
洗濯機は脱衣洗面にあるので、洗うから寝室の室内物干しや濡れ縁での干す作業までの動線が短く便利です。
洗濯機上は建て主さんの希望で乾燥の早いガス乾燥機置き場です。

洗濯機脇はバスタオルやタオル収納と着替えの一時置き場として収納棚を設けました。
可動棚になっているので収納に合わせて高さを変えられますが、一番下は洗濯物の収納バスケット置き場としてあります。

IMG_6570_R.jpg
仕上げは天井と壁が杉縁甲板の節あり材、床は他の部屋と同じ桧無垢板、浴室前のみ30㎝角のサーモタイル張りとしました。

IMG_6577_R.jpg
脱衣洗面の隣には家族で使用するクローゼットを配置しました。
クローゼットから見た所です。
浴室入口手前に現場作りの洗面化粧台を作り、正面に収納のある三面鏡を取付、脇はドライヤーや化粧品の収納棚を設けました。
洗面器は多くの建て主さんが採用する病院流しを人造大理石カウンターに埋め込みです。

2階軸組検査
DSC00001_R.jpg
2階軸組、金物取付が終わりましたので検査を行いました。

DSC00002_R.jpg
筋交い位置と方向、金物取付状況などの確認を行いました。

DSC09993_R.jpg
2階軸組は筋交い位置・方向・金物とも問題ありませんでした。
柱取付金物や梁接手金物、火打ち梁、小屋踏みとも問題ありませんでした。

2階は木工事の後、電気配線工事に入っています。

DSC09987_R.jpg
柱引き抜き耐力金物取り付け状況と梁接手金物取り付けなどの確認です。
金物種類や留付けビスの確認を行いました。

DSC09985_R.jpg
床構造合板の確認と釘種類・間隔などの検査です。

DSC09998_R.jpg
1階は木工事、床断熱と構造合板張りが終わり、間柱入れや筋交い入れ工事に入っています。
来週末に1階軸組検査となります。