FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

脱衣洗面
IMG_6926_R.jpg
居間から通路を進むと脱衣室になります。
正面には大工さん作りの洗面化粧台と現場組立の収納棚付き三面鏡を付けました。
洗面ボールは多用途に使用できる病院流しを組み込みました。
洗濯物の手洗いや下洗いなどに使用できます。

IMG_6918_R.jpg
洗面化粧台の脇は、タオルや下着入れと着替え用の棚に使います。
可動棚になっているため、収納用のバスケットや洗濯かごの高さに合わせて調整します。

奥は洗濯機置き場です。
洗濯機置き場には奥壁に棚を付け、洗剤や柔軟剤など置けるようになります。
洗濯機上にはステンパイプを通し、洗濯槽から直接ハンガーなどに吊るせます。
また、室内干し用にも使用できます。

IMG_6922_R.jpg
脱衣洗面奥から浴室方向です。

スポンサーサイト
トイレ
IMG_6930_R.jpg
トイレは1.4畳の広さがありカウンターを設けることが出来ました。
隣がクローゼットのため仕切り壁の位置をクローゼット側にずらし縦スリットのサッシを入れる事にしました。
仕切り壁の位置はサッシ幅に合わせると共に、クローゼット側のパイプ掛け奥行きに支障がない寸法としました。

IMG_6933_R.jpg
縦スリットの滑り出し窓を開けても室内が見えないように開き方向を決めています。
カウンター上に置かれる観葉植物や飾り物が窓からの明かりで映えるようにサッシ大きさや高さを決めました。
トイレに入るとサイドからの明かりが壁やカウンターを照らし明るいトイレになりました。
通路
IMG_7143_R.jpg
1階寝室や水回りの各部屋へは居間の延長としての通路を進みます。
北側手前にクローゼット、次がトイレ、南側は寝室となります。
正面の突当りが脱衣洗面になります。
日中は脱衣洗面入口の引き戸を開けておくと明るく、部屋に囲まれた通路の暗さは感じません。
クローゼットから出て直ぐに洗面化粧台の鏡があるので姿身代わりになります。
また、天井までの建具としているため引き戸を開けていると通路と脱衣洗面が一室に感じます。

IMG_7142_R.jpg
脱衣洗面側から居間厨房方向です。
寝室からトイレや脱衣洗面には居間から見えない位置で移動できるので、来客時でもお互い気を使わなくて済みます。


床板張り工事 屋内配線配管工事
DSC00313_R.jpg
1階は床板張りが終わり床養生に入ります。

DSC00321_R.jpg
2階は床板張りが進んでいます。
無垢板のため1枚1枚張っていきます。

DSC00312_R.jpg
造作材加工が終わり現場に搬入されました。
造作材も無垢板のため現場加工取付前に加工場にて寸法を揃え削り仕上げを行ってきます。
床板張りが終わると造作材取り付けに入ります。

DSC00315_R.jpg
設備工事は屋内の配管工事に入りました。
電気工事は屋内配線が進んでいます。
食器棚
IMG_8712_R.jpg
食器棚中間の調理家電棚には建て主さんお気に入りの家電や器が並んでいます。
毎日使用するものなので性能や機能も重要ですが、気に入ったデザインの物を選ぶと楽しく使えますし、丁寧に長く使用できます。
また、デザインの良いものは置いてあるだけでも奇麗に見え、建て主さんのセンスの良さが光ります。

IMG_8711_R.jpg
調理家電棚下は建て主さん作成の分別用ごみ箱です。
建て主さんは家づくりの作業に参加したことによりDIYに目覚めました。
通常は処分する短い板や残った材料を利用し組み立てました。
職人さんが利用するホームセンターなどにも通い、大工さんが作ったと思われるほどの力作です。

なぜごみ箱というと、「家の雰囲気に合うゴミ箱を探していたのだけれど気に入ったものが無いため作ることにしました」との事です。
分離発注で家づくりを経験された方は、DIYに取り組む方が少なくあるません。
家づくりを通して職人さんの仕事の仕方や道具の使い方など見ているだけで参考になり、いざ始めようとするときに敷居が低く楽に始められたという感想が多いです。
地盤調査を行いました
DSC00280.jpg
既存建物解体工事が終わり、地盤調査を行いました。
建物の四隅と中心の5ポイントで調査を行います。
新築建物の配置位置に構造物がない場合は、設計の計画途中で調査を行うようにしています。

DSC00294.jpg
調査方法はスウェーデン式サウンディング試験です。
スクリュー付ロッドを地中に荷重や回転を加え、沈下量や回転数により地盤の調査を行う方法です。
調査後は調査で得たデータの解析を行い、調査結果がまとめられます。

DSC00271.jpg
本体工事に先立って隣地境界に擁壁を行います。

DSC00310.jpg
解体工事後の整地です。

DSC00276.jpg
仮設電気のための鋼管中も立ち、本体工事に着手の準備が整いつつあります。
厨房2
IMG_7126_R_2018011914290278f.jpg
厨房奥から居間方向です。
厨房からは階段もよく見えるので、子供室へ向かうお子さんの姿が良く見えます。

IMG_7117_R_201801191429031d4.jpg
厨房勝手口ドアから厨房入り口方向です。
食器棚は中間カウンターに家電調理棚、上部は奥行きを浅くして食器入れとしました。

食器入れは1間強の幅があり3本引き戸としています。
引き戸を開口すると巾120㎝となり、ほとんどの食器が全て見えるので作業がはかどります。

IMG_8708_R.jpg
厨房から居間への通路正面にはマグネット使用の掲示板を設けました。
掲示板の位置は厨房近くで見やすく貼りやすい所、来客からはあまり見えない所が良いと思います。


厨房
IMG_7111_R.jpg
厨房は通路を含めて6畳弱の広さがあります。
キッチンはカウンターを挟んで居間と対面に並んでいます。
正面のドアを開けると半外扱いの土間収納に出られます。
キッチンの反対側に奥から冷蔵庫置き場、手前に食器棚となります。

キッチンはIHコンロのため火気使用室の内装制限がかかりませんので、天井は杉縁甲板としました。
キッチン周りの壁は清掃をしやすく汚れにくいキッチン壁、アイカセラール張りとしています。

IMG_7114_R_20180119134525e47.jpg
キッチンから居間方向です。
キッチンに立つと居間書斎コーナーもよく見えるので、お子さんが机に向かって宿題などしている姿が良く見えます。

キッチン作業台前のコンセントやカウンター脇の照明スイッチなど使用したい場所のすぐ近くにあると便利です。
カウンター脇のスイッチ取り付けなど図面の段階で取り付けられるかどうかなど検討しておきます。
通常照明の配線は天井から壁に下げスイッチを付けますが、カウンター袖壁などの場合は天井から近くの壁を下がり、一度床下に配線しカウンター位置で立ち上げをします。
近くの壁に取り付けるよりも配線や手間も余計にかかりますが、毎日の事などで使い勝手優先に考えます。

IMG_7132_R.jpg
キッチン正面を見ると、居間の開口部から足元に庭が見え、遠くには竹林が窓いっぱいに広がります。
景色を眺めながら作業が出来るキッチンは気持ちよさそうです。

IMG_7134_R.jpg
暗くなるころには窓上の幕板に隠れていたカーテンを下ろします。
カーテンが下がった室内は照明の暖かい明かりに包まれて、日中とはまた違った雰囲気になります。
居間3
IMG_8677_R.jpg
階段上り口から厨房方向です。
厨房と居間の仕切りは腰高のカウンターとして仕切りました。
カウンターの居間側は飾り棚として居間側から使用します。
この棚にも観葉植物やお気に入りの小物が並んでいます。
また、絵本や遊び防具なども置かれお子さんが自由に使える棚となっています。

IMG_8690_R.jpg
居間北側の厨房方向から南の開口部方向です。
建て主さんから最初に敷地の状況をお聞きした時に、南にある竹林の日陰が心配と言われ日当たりを気にされていました。
竣工後は正面に竹林があることにより、南に建物が建つ予定もなく視線も気にならないため、窓一面に広がる竹林の緑を見ながら生活が出来ます。

IMG_8668_R.jpg
居間奥から階段方向です。
階段の2段目の段板を延ばしテレビ台と収納にしました。
階段やテレビ台、南の窓台の高さを合わせる事により腰掛ける場所を多く作り居場所をたくさん設けました。
居場所が沢山あると多人数の来客時にも便利ですし、気分を変えて読書やお茶などの場所になります。
解体工事が進んでいます
DSC00264_R.jpg
住宅部分解体工事が終わり更地になりました。
境界ブロック塀解体工事も始まりました。

DSC00248_R.jpg
既存建物や樹木が無くなり敷地の広さが良く見渡せます。

DSC00265_R.jpg
北側ブロック塀の解体です。
ブロックと土やコンクリートが混ざらないように分別しながら積み込みをしています。

解体工事は今週半ばで完了予定です。