FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

配筋検査を行いました
DSC00792.jpg
鉄筋工事が終わりましたので配筋検査を行いました。
まずは鉄筋の形状や立上り位置や寸法の確認をします。

DSC00735.jpg
次に各部位の配筋に不備がないかを確認していきます。
こちらは外周部立上りです

DSC00764.jpg
ベース部分です。

DSC00778.jpg
入隅部分には補強筋を入れました。

DSC00775.jpg
配管径100φ以上の設備配管周りにも補強筋を入れます。

DSC00759.jpg
基礎立上りが不連続な個所には地中梁を設けたり開口補強を行いました。

検査で問題はありませんでしたので、ベースコンクリートの打設へと進みます。
スポンサーサイト
敷地から
DSC05046_R.jpg
初めて敷地を訪れた時です。
幹線道路から一本入った敷地は閑静な住宅街になっています。

DSC05044_R.jpg
幹線道路から入った道路の突当りからです。
この道路は通り抜けではないため、敷地東に面する道路は限られた住宅の方しか通らない道になります。

DSC05050_R.jpg
敷地の南に伸びる道路からです。
こちらの道路も車は少なく、散歩の方が通る事が多いようです。
ただし、敷地の中央付近に向かって進んでくるので、自然と視線が計画地に集まります。

DSC05042_R.jpg
敷地は東西に長く南北に短い敷地です。
南に道路があるので日当たりの良い敷地となっています。
計画からと竣工後
今日から一昨年秋に竣工した「高床の家」の計画から竣工まで、建て主さんの希望要望と敷地の周辺環境から、どのような計画で進んだのかと、竣工後のお話ししていきます。

IMG_5258_R_2018022411305411f.jpg
完成予想模型

IMG_7390A_R.jpg
竣工時の外観

IMG_8474_R_20180224113056b7e.jpg
薪ストーブのある室内
完成予想模型と竣工後外観
IMG_4632A_R_20180224105451f9f.jpg
基本設計完了時の完成予想模型です。
基本設計は平面計画が決まり、外観や断面計画、仕上げ材の仕様なども決まり、この計画で進めましょうという段階です。
建て主さんには基本設計模型で外観のイメージや室内の空間、外とのつながりなど確認していただきます。

IMG_8619A_R.jpg
完成後の外観です。
基本設計の完成予想模型からほぼ変わることなく実施設計が進み、工事期間を経て完成となりました。

建て主さんの家づくりの思いが形になり、住まう事を存分に楽しんでいる様子が伝わってくるので、こちらも嬉しくなります。

今回で「ちょうどイイ家」の設計から完成後までの報告を終わりにしたいと思います。
壁ボード下地張り
DSC00674_R_20180224082518d32.jpg
1階は壁プラスターボード張りが進んでいます。
各居室の壁ボード張りから通路壁張りに入りました。

DSC00681_R.jpg
1階事務室の畳コーナー床下地が出来ました。
この部屋は仮眠室も兼ねるため一段上がった畳コーナーがあります。

DSC00676_R.jpg
各居室の壁ボード張りが進んでいます。
1階の居室の間仕切壁は終わり2階居室間仕切壁に入っています。

DSC00687_R.jpg
2階事務室の壁ボード張りが進んでいます。
2階事務室は会議が出来るように広い部屋になっています。

DSC00693_R_20180224082517a52.jpg
外壁は残っていた軽量ラスモルタル下塗りを進めています。

3/1に消防中間検査があり、天井内に隠れてしまうスプリンクラーの配管やヘッド位置の検査を受けます。
検査が問題なければ天井ボード張りに進みます。

手作りのマス蓋カバー
IMG_8623AB_R.jpg
庭が出来上がった後に訪れた時です。
白砂に波模様が引かれ禅寺の庭園のような引き締まった雰囲気です。

IMG_8639_R.jpg
白砂の中に竹の筏が浮かび、何かなと思って建て主さんに聞いてみると雨水のマス蓋隠しに作ったのだそうです。
雨水の排水経路は南にあるので、マスの蓋はどうしてもいくつか出てしまいます。
白砂で覆い隠してしまう事も出来ますが、点検が出来なくなってしまいます。
建て主さん作りのマス隠しは庭のアクセントににもなり遊び心が表れています。

玄関置物
IMG_8647_R.jpg
玄関ポスト口上の飾り棚に一輪挿しに生けられた花が明るくしてくれます。
玄関にちょっとした飾りや花があると心和ませてくれます。

IMG_8649_R.jpg
玄関窓枠には香炉がさりげなく置かれていました。
普段の生活を楽しんでいると共に建て主さんの心づかいが表れています。
観葉植物
IMG_8652_R_20180218141911fcd.jpg
設計の希望の中で観葉植物をたくさん置きたいとありました。
以前のアパートでも多くの観葉植物を育てられており、新しい家では多くの置く場所が出来るような設計を心がけました。
キッチンカウンター上には観葉植物とオリーブオイルが並び景色を作っています。

IMG_8713_R.jpg
もう一方には籐のバスケットに入れられた観葉植物の葉がほっとした気持ちにさせてくれます。

IMG_8741_R.jpg
階段の段板には色々は緑が並び、鉢カバーの雑貨も楽しませてくれます。
段板下にはフックを付け木のオブジェがさりげなく下がり、白い壁のアクセントになっています。

IMG_8656_R.jpg
書斎コーナー本棚にもいくつかの植物が置かれ、伸びたポトスのつるは火打ち梁に掛けられ下がっていました。
部屋の隅に空中に下げられている緑の葉はオブジェのように部屋のアクセントになっています。

たくさんの観葉植物が飾られ、生活を楽しんでいる様子がうかがえます。
レベルコンクリート、墨出し
DSC00634.jpg
基礎工事が防湿シート、レベルコンクリート、墨出しと進んでいます。

DSC00600.jpg
防湿シートを前面に敷き込みます。
地中からの湿気を防ぐ効果もありますが、土間コンクリートのひび割れの発生を抑えやすくする効果も期待できます。

DSC00607.jpg
基礎コンクリートの根入れ部分にはレベルコンクリートを打設し、基準位置を墨出しを行います。
レベルコンクリートは高さの基準にもなります。
墨出しは基礎の芯(鉄筋芯でもあります)と必要に応じて型枠の位置の印をつけていきます。

DSC00648.jpg
濡れ縁の布基礎部分にも墨出しを行いました。

DSC00614.jpg
レベルコンクリートの厚みの確認です。

居間飾り棚
IMG_8653_R.jpg
キッチンカウンター居間側の飾り棚です。
建て主さんが選んだ雑貨やおもちゃ、本が並んでいます。

IMG_8705_R.jpg
キッチン用品も華やかな色があると居間のオブジェとして置きたくなります。

IMG_8706_R.jpg
木のおもちゃも飾り物の一部となります。

IMG_8707_R.jpg
お子さんのおもちゃとして使うものであっても、素材や色使い、デザインが良いものはオブジェとして生活を楽しませてくれます。