FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

室内大工工事が進んでいます
DSC02428.jpg
室内大工工事が進んでいます。
床と壁の取り合い部に巾木の取り付けです。

DSC02430.jpg
決まりがついた箇所には杉板壁の施工が進みます。
杉板には建て主工事の蜜蝋ワックス塗りを先行してあります。

DSC02423.jpg
サッシ枠と受け材の間の隙間に断熱材を充填しました。
こちらも建て主工事です。

DSC02419.jpg
屋外では左官中塗り工事が進んでいます。
ひび割れ防止にネットを塗りこんでいきます。
スポンサーサイト
既存建物解体工事完了
既存解体後更地になりました。

DSC03280_R.jpg
水面の道路から北側を見た所です。
北側の住宅は一段上がった敷地になり、境界近くまで総2階の住宅なっています。
1階の勝手口の出入りや2階ベランダの物干しなど距離が近いので気になる所です。

DSC03279_R_2018062817100000c.jpg
東側は平屋で南北に長い住宅に建て替えられました。
計画地側からは水回りの部屋の小さな開口部がこちら側にあるだけなので、あまり気にすることは無さそうです。
暫くは平屋の状態であることから、2階では東側の採光通風、景色など期待できそうです。

DSC03287_R_20180628171002483.jpg
道路を挟んで南側は境界一杯に建っている住宅です。
将来は解体されると思われますが、敷地が狭そうなことや道路後退、道路斜線などあるため大きな建物は建ちそうにありません。
2階では南の景色が楽しめそうです。

DSC03277_R_2018062817100354e.jpg
敷地西側は建て替えられた住宅です。
東に駐車スペースを設けているので、敷地との距離がありあまり気にすることは無さそうです。

建て主さんから車2台の駐車スペースを確保したいとの希望があり、どの場所に車を止めるのが良いか検討が始まりました。
道路が狭いため駐車スペースの奥行きに余裕を持たないと、出し入れのたびに切り返しを何度も行わないとならないのでは毎日の事が大変になってしまいます。
1回のバックで駐車できるような奥行きを確保する必要があります。
外壁左官壁中塗り、サッシ枠取り付け
DSC02399.jpg
外壁左官壁の中塗り工事が始まりました。

DSC02406.jpg
サッシ養生などは再度張り直して工事を行います。

DSC02395.jpg
室内ではサッシ枠の取り付けをはじめ内法材の取り付け

DSC02401.jpg
左官工事の養生期間には軒樋の工事を行いました。
解体建物
DSC05792_R.jpg
解体する既存建物です。
木造一部2階の住宅が敷地いっぱいに建っています。
交通の便が良い所なので、行動範囲が狭かった建築当時は便利な場所だったと思われます。
また、敷地もそう広くないため駐車スペースが無く、世代が変わると近隣の貸し駐車場まで歩いていかなければなりませんでした。

DSC05794_R.jpg
手前の平屋の住宅も建替え時に駐車スペースを確保したようです。

DSC06093_R_201806261642331df.jpg
隣地側のブロック塀は既存建物の建設当時のままで、控え壁や補強が無いため今回一緒に解体します。

DSC05788_R.jpg
道路側のブロック塀は道路の側溝工事の時に道路後退を行い新しく作られたようです。
道路側の新しいブロック塀も工事に支障が出るため解体し、排水桝がある付近の一部基礎だけを残し予定です。

前面道路が狭く、行き止まりなので工事はやり難くなりますが、住宅の環境を考えると車の通行は近隣の方だけですし、見慣れない車や人が入ってくると直ぐに分かり防犯上安心な地域だと感じました。
また、静かな環境でこじんまりとしたコミュニテーが形成されている地域です。
敷地を訪れて
設計依頼を受け始めて敷地を訪れた時です。
建て主さんからは道が狭いと聞いてはいたのですが、実際に現地を訪れてみると確かに狭いと感じました。
4メートル未満の道路のため道路後退があります。
敷地側は中心から2メートルの道路後退済みですが、反対側の敷地は未だしていないので、現状4m未満の道路になっています。
乗用車ならば4メートル巾の道路であれば、かろうじてすれ違いが出来ますが、4メートル未満となると少しの時間でも車を止めると通れなくなります。

DSC06081_R.jpg
幸いに敷地前の道路の手前は幅があり駐車しても邪魔にならない場所があり、宅急便のトラックなども駐車する場所になっているようです。
計画地は手前の平屋住宅の奥、2階建ての既存建物がある場所に建て替えの計画です。
解体から始まり工事中の職人さんの駐車場の確保や工事車両の駐車場所をどの様にするか検討する事が多そうです。

DSC05795_R.jpg

前面道路を進んで振り返った所です。

前面道路は狭いだけでなく奥に進むと行き止まりになっている袋小路の道路です。
計画地の奥には、住宅が10軒以上あり車を利用する方も多くいます。
道路に車を置かなければならない作業も多くあり、その時は通行止めになってしまいます。
道路が抜けていれば、う回路になり多少遠回りになっても大きな支障は出ないと思われますが、行き止まりとなると工事も難しくなりそうです。

建て主さんは以前から住んでいる方なので、工事前に近隣の方に事情を説明していただき、工事中も道路に車を止めるような工事がある時は、事前に伝えてもらうような配慮が必要になります。



設計から竣工まで
今回から昨年1月に竣工した「趣の家」の設計と竣工について、建て主さんの家づくりについての希望要望や、敷地や周辺環境からどのように計画し設計を進めたか、そしてどのように仕上がったのかをお話していきたいと思います。

DSC03277_R.jpg
既存建物解体後の敷地状況です。

IMG_5755_R_20180625094028c12.jpg
基本設計完了時の完成予想模型です。

IMG_7813A_R.jpg
竣工後の外観です。

完成予想模型と竣工後外観
IMG_5258_R_20180622082431976.jpg
基本設計完了時の完成予想模型です。

基本設計は平面計画が決まり、外観や断面計画、外部や室内の仕上げ材や仕様なども決まった段階です。
建て主さんには基本設計模型で外観のイメージや室内の空間、外とのつながりなど確認していただきます。

IMG_9845A_R_20180622082433092.jpg
竣工後植栽工事が終わり、木々の中に建物が見えるようになりました。

IMG_5290_R_201806220824327b8.jpg
南東側の外観模型です。

IMG_9857A_R_20180622082435fbe.jpg
植栽があると視線が木々に集まり建物の開口部が見えにくくなります。
また、窓ガラスに反射した植栽や空が建物と道路との距離を感じさせてくれます。

これから木々の成長と共にご家族の思い出がたくさん増えていくと思います。

今回で「高床の家」の設計から竣工までを終わりにします。
外部コーキング工事
DSC02366.jpg
外部左官壁の下塗り後にはコーキング工事を行います。
施工の前に養生テープを貼り、シーリングを塗布を行います。

DSC02382.jpg
コーキング箇所は事前に書き込み図面をお送りし、スムーズな工事になるようにしています。

DSC02370.jpg
室内は内法材を入れる下地工事が進んでいます。

DSC02372.jpg
タイルの下地耐水合板の施工も終えました。切り替えの位置は事前に現地で打合せしています。


居間から庭方向
IMG_9827A_R.jpg
居間の薪ストーブを挟んで西側開口部からの景色です。
2間幅の大きな開口部は片引き+FIXの木製サッシです。
片引きの可動部でも1間幅で2.3mの高さがあり、ペアガラスなので相当な重量ですが浮き上がる機構で軽く開け閉めが出来ます。
閉じると気密性が高くなり、外の音がほとんど入らなく静かな室内になります。

日中はプリーツスクリーンを上げ開放的な暮らしをしています。
室内からは外部が良く見えますが、外からはガラスに映る植栽や空が見え室内の様子はほとんど見えません。

IMG_9829A_R.jpg
薪ストーブ東側開口部からの景色です。
東の開口部も1.5間幅の高さ2.3mなので相当大きい開口部ですが、西側の2間幅の開口部と比べると小さく感じます。
キッチンに立つとこちらの開口部からの景色が主に見えます。
南へ伸びる道路があるので遠方まで見渡せると共に空が広く感じます。
こちらも外部から室内は見えないので日中は手前の植栽と奥に広がる景色を楽しんで生活しています。

外壁の下塗り工事完了
DSC02341.jpg
外壁左官壁の下塗り工事が完了しました。
養生期間に合わせて、コーキング工事や軒樋工事を予定しています。

DSC02338.jpg
室内では床板工事が進んでいます。