FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

計画案決定
計画案提出後、建て主さんの検討を経て打合せを行いプランの方向性を決めます。
2階に厨房居間と水回りの各室、それに脱衣洗面の近くに室内物干し室を確保、1階に各個室を配置する事になりました。

平面計画が決まると並行して断面と立面計画に進み、外観の計画がまとまる外観模型の作成に入ります。

IMG_5308A_R.jpg
前面道路東側からです。
進入路は東側からだけなので最初に見える外観です。

IMG_5237A_R.jpg
南東側からです。
西側に張り出しているのが玄関ポーチと外物置、2階は室内物干しになります。

IMG_5239A_R.jpg
南西側からです。
道路斜線制限があるため張り出した部分の高さはだんだん低くなります。

IMG_5240A_R.jpg
西側kからです。
西隣家と視線が合わないようにほとんどの部屋は高窓を計画しています。

IMG_5246A_R.jpg
東側からです。
東側も1階窓は高窓で計画しています。
高窓にすると隣家の開口部と高さが合わないため、窓を開けてもお互い気になりません。
また、足がかりに出来る塀や屋外機器などなければ防犯上も有利になります。
スポンサーサイト
材木検査
DSC02929.jpg
材木検査を行いました。

DSC02936.jpg
梁成の大きな材も、素性のよい材が集まりました。

DSC02933.jpg
材の寸法の確認を行います。
断面の「化」マークは化粧材(表しとなる材)の記号です。

DSC02922.jpg
土台はヒノキ材です。

DSC02951.jpg
構造材は群馬県産材を全体の90%以上用いて「抽斗の家」はつくられます。
ベースコンクリート打設
DSC02918.jpg
ベースコンクリートの打設を行いました。
ミキサー車からポンプ車を経由し、コンクリートを打設していきます。

DSC02869.jpg
流し込んだコンクリートを振動機にて充填させていきます。
コンクリートの圧で型枠が外へ開いていないか確認しながら打設していきます。

DSC02896.jpg
ベース部分は高さを確認しながらコテで均していきます。

DSC02854.jpg
打設前にはコンクリートの品質試験を行い、指定した性能であることを確認しました。
また、基礎工事開始時程度にコンクリート配合報告書を提出していただき、事前確認もしています。

食器棚 洗面カウンター
DSC02838_R.jpg
造り付け食器棚の造作工事に入りました。

DSC02843_R.jpg
食器棚内部壁はキッチン前と同じセラール張になります。

DSC02844_R.jpg
洗面カウンター取り付けになります。
カウンター天板はコーリアンのオーダーで作成し、現場作りの架台に固定します。
洗面器は設備工事にてはめ込みます。

DSC02840_R_2018072813495839c.jpg
居間カーテンボックス取付が終わりボックス上のボード張りに進みました。


配筋検査
DSC02793_R.jpg
ベース・立ち上がりの基礎配筋検査を行いました。

DSC02803A_R.jpg
鉄筋径、間隔、結束状況の検査を行います。
基礎の形状により配筋が変わりますので、形状毎に検査を行います。

DSC02822_R.jpg
鉄筋の被り寸法の検査です。
配筋状況と共に鉄筋の被り寸法の確認を行います。

DSC02820_R_2018072717141890a.jpg
スリーブ補強筋の施工状況です。

DSC02831_R.jpg
配筋検査の後、瑕疵担保保険の検査を受けました。
指定保険法人の検査員の方が来て、配筋状況などの確認を行います。
特に問題なく合格です。

7/30(月)にベースコンクリート打設です。
ハシゴが取りつきました
DSC02779.jpg
子供室から小屋裏収納への梯子が取りつきました。

DSC02784.jpg
小屋裏収納へは複数個所からアクセスできます。
こちらは収納内に梯子を設けました。

DSC02785.jpg
室内の大工工事は着々と進んでいます。



計画案D
IMG_5044_R.jpg
計画案Dは2階に居間厨房と脱衣洗面・浴室・トイレなど水回りの各室を配置した案です。
1階は寝室と子供室、クローゼットとトイレになります。

IMG_5053D_R.jpg
東アプローチ道路からです。
ベランダの張り出しを大きくし他の案に比べ広いベランダになっています。

IMG_5076D_R.jpg
南東側からです。
広いベランダは居間と室内物干しに面し、室内の延長のように使うことが出来ます。
ただし、ベランダを覆うように屋根も伸びるので冬季でも居間に直射日光が入りにくくなりそうです。
軒の出を短くすると常にベランダに雨が降るためメンテナンスを早めに行うなどしなければなりません。

IMG_5054D_R.jpg
道路西側からです。
南へ出ている下屋は外物置になります。
ベランダを広くした分、南への張り出しが多くなりました。

計画安提出から各案について建て主さんに検討していただきます。

計画案C
IMG_5043_R.jpg
計画案Cです。
C案は2階に居間食堂厨房とトイレ、階段を挟んで子供室を配置しました。
1階には寝室と水回りの各室が東側配置、西の玄関からクローゼットを通る動線と通路を通り階段への動線を2つ設けました。
帰宅時、クローゼットにバックを置いたり着替えをしてから2階へ、出かける時はクローゼットで支度をしてからと玄関に近い位置に通り抜け出来るクローゼットを設けた案です。

IMG_5052C_R.jpg
東アプローチ道路側からです。
玄関と外物置の上は居間南のベランダから続く広いデッキを設けました。
デッキの手すり壁は腰掛けた時に隣家から見えない高さに計画し落ち着いた場所になるようにしました。

IMG_5074C_R.jpg
南東側からです。
建て主さんから既存の家の2階ベランダで花火大会の見物が出来たので、新しい家でも花火が見えるようにしたいと希望がありました。
その日は親戚も集まり、花火を見ながら飲食をするのである程度広い場所が必要になります。
ポーチと外物置上のデッキは駐車場側へも張り出し7.5畳の広さとしました。
また、2階に厨房があるのでデッキとの連絡も良く使い勝手の良い場所になりそうです。

IMG_5051C_R.jpg
西側からです。
南へ張り出している部分がデッキになります。
壁の高さを少し上げて隣家から見えないようにしました。
大工工事も終盤に入ってきました
DSC02773.jpg
居間の収納部分です。来客用の布団や座布団を収納予定です。

DSC02772.jpg
キッチンダイニング周りの工事が進みました。

DSC02768.jpg
キッチンはパントリーが隣接しています。



墨出し、レベルコンクリート、防湿シート
DSC02701.jpg
砕石転圧後は、レベルコンクリート、防湿シート、墨出し、鉄筋工事へと進んでいます。

DSC02697.jpg
防湿シートを地盤からの湿気を防止するために敷き込みを行います。

DSC02710.jpg
レベルコンクリートは高さや位置の基準として使用していきます

DSC02729.jpg
厚みや幅等を確認しました。

DSC02750.jpg
レベルコンクリート上に墨出しを行い、通り芯や型枠を位置を写していきます。

DSC02708.jpg

DSC02734_2018072014152602e.jpg
鉄筋工事は外周部から進め、丁張に水糸を張り、糸とレベルコンクリートの墨を見ながら施工していきます


鉄筋工事後は配筋検査を行い、コンクリートの打設へ進みます。