FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

サッシ取付
IMG_0551_R.jpg
サッシが搬入され取り付きが始まりました。

IMG_0544_R.jpg
2階からサッシを取付ています。
サッシ取付後はサッシ周りに防水気密の両面テープを張り、タイベックシルバーを張ります。

IMG_0526_R.jpg
室内側から見たサッシ取付状況です。
サッシ下には防水シートを敷きサッシを載せて固定します。

IMG_0524_R.jpg
サッシ取付が済むと通気縦胴縁留め付けに入ります。
サッシ上は通気溝付き胴縁を留め付けるため、溝加工を行います。

今週は通気胴縁留め付け工事になります。
来週後半には軒天張りに進む予定です。

スポンサーサイト



外壁塗り壁 室内造作工事 
DSC04923_R.jpg
外壁左官工事、軽量モルタル上塗りが始まりました。
ラスこすり下塗りが終わり養生期間を経て上塗りです。

DSC04941_R_201811271720048f6.jpg
上塗りはファイバーメッシュを全面に伏せ込みます。
ファイバーメッシュも種類があり、耐アルカリ性能の優れたメーカー指定の製品を使用しています。

DSC04942_R.jpg
今日は天候も良く作業もはかどり、屋根上の西面と北面が仕上がります。
明日南面を行い、明後日残った東面と西面を行う予定です。

DSC04931_R.jpg
室内は造作工事が進んでいます。
一段上がった畳コーナーの框取付です。框に合わせて一部床板部の床張りに進みます。

DSC04936_R.jpg
玄関は框に合わせて床張りと、下足入れの床張りが終わりました。

木工事は床張りが終わるとサッシ枠取付に入ります。
12/1(土)システムバス組立になります。
外張り断熱ネオマフォーム張り、瑕疵担保保険軸組検査
DSC04902_R.jpg
外張り断熱、ネオマフォーム張りが進んでいます。
ネオマフォーム継ぎ手は気密性能を上げるためテープ貼りを行います。

DSC04906_R_20181124163630797.jpg
土台水切りが取り付きました。
水切り高さの確認と気密テープ貼りの確認をします。

DSC04914_R.jpg
瑕疵担保保険の軸組検査を受けました。
問題なく合格です。

DSC04899_R.jpg
建て主さん参加工事で基礎断熱材と土台の隙間に発泡ウレタン吹きの作業を行っていただきました。
お子さんも参加し、ご家族での作業は家づくりの思い出の一つになったと思います。
外部コーキング
DSC04874_R.jpg
外部コーキング工事です。
外壁軽量モルタル塗り後、サッシ周りや木部などが外壁と接する部分にコーキングを打ちます。
施工場所は事前に図面に書き込み業者さんへ送っておきます。
現場では細部の打ち合わせと施工場所の確認を行います。

DSC04896_R_20181124133455760.jpg
サッシ周りコーキング打設後です。

DSC04889_R.jpg
内部木工事は造作材の加工を終えたので、玄関框取付に入りました。
玄関框後は床張りに入ります。

DSC04884_R.jpg
屋根工事は軒樋が取り付きました。
軒樋が付くと足場に当たった雨が外壁に跳ねずに済みます。

来週は外壁軽量モルタル塗りに入ります。
渋川市の中間検査を受けました
写真 2018-11-22 14 39 44_R
構造関係の工程を終えましたので、中間検査を受けました。

写真 2018-11-22 14 09 00_R
中間検査では建物が申請した通りに建てられているか、
図面との整合性を確認します。

写真 2018-11-22 14 10 53_R
こちらの検査も合格となりました。

DSC04873_R.jpg
大工工事は根太掛けの施工が進んでいます。
根太掛けとは床板の下地となる根太を端部で受けるための材です。
個の家では暖房に床下エアコン方式としたため基礎断熱+根太方式としています。
ぐんま優良木造住宅 現場検査
DSC04863_R_201811221851317cc.jpg
ぐんま優良木造住宅の現場検査を受けました。
「ぐんま優良木造住宅」構造材に「ぐんま優良木材製品品質規格基準」に適合した
「ぐんま優良木材」を60%以上使用して建てられた木造住宅のことを指します。
個の家では構造材の98%以上が「ぐんま優良木材」となっています。

DSC04865_R.jpg
現場検査は使用されている部材の数量や適切に用いられているか、含水率、寸法などの検査を受けます。
検査は合格となりました。

屋根工事:ルーフィング葺き 木工事:サッシ受け、基礎断熱
DSC04823_R_20181120165924a5e.jpg
屋根工事によるルーフィング葺きが終わり、唐草取付にはいりました。

DSC04805_R.jpg
木工事で葺いたルーフィングの上にさらに屋根工事にてゴムアスルーフィングを葺き2重とします。
屋根工事は屋根材と下葺きのルーフィングを含めて工事を行い防水に責任を持ってもらいます。

DSC04802_R_20181120165921a13.jpg
アスファルトルーフィングの重ね寸法の確認です。
流れ方向、横方向の重ね寸法やタッカー留めなど施工状況の確認をします。

屋根工事は明日屋根材上げ後葺き初めになります。

DSC04828_R.jpg
木工事は外壁の構造合板張りが終わり、サッシ受け材取り付けに入りました。
外張り断熱のため断熱材の厚さにサッシ受け材を回します。

DSC04832_R.jpg
室内は基礎断熱のスタイロエースⅡ張りが進んでいます。

木工事は11/22に中間検査を受けます。
その後に外壁ネオマ張に進みます。
左官工事:下塗り完了 木工事:天井断熱材張
DSC04794_R_20181117171046349.jpg
外部は左官工事軽量ラスモルタルの下塗りが終わり養生期間に入ります。

DSC04795_R.jpg
下屋部の天井断熱材張りが終わりました。
厚50ネオマフォームを3枚重ねて張り上げ、150の厚さのネオマフォーム断熱層になります。

DSC04787_R.jpg
勾配屋根部は垂木間に厚105高性能グラスウール16Kを入れ、垂木下に厚50ネオマフォームを2重張りします。
ネオマフォーム継ぎ手は気密を確保するためテープ張りを行います。

木工事は来週加工に入ります。
来週末11/24外部コーキングになります。
次週11/27頃から外部左官工事中塗りに入ります。

耐力壁、構造合板張り
DSC04773_R.jpg
開口部窓台入れが終わり、外壁構造合板張りが始まりました。

DSC04776_R.jpg
耐力壁部分の構造合板張りは釘の種類や間隔が定められています。
太め釘の長さ50㎜、間隔150㎜以下の確認と釘打ちのめり込みなどの施工状況を確認します。

DSC04778_R.jpg
室内は構造合板が張られ囲われ感が出て来ました。
開口部は釘打ち後に開けられます。

DSC04774_R.jpg
室内の梁らの柱頭・柱脚部に金物取付です。

今週から来週前半は構造合板釘打ちと基礎内断熱張りに進みます。
外部:軽量モルタル下塗り 内部:畳下地床板張り
DSC04737_R_201811141750083d3.jpg
外部は左官工事のラス網張りが終わり、軽量モルタル下塗りが始まりました。

DSC04734_R_20181114175009d6a.jpg
開口部出隅やパイプ周りは下塗り時に補強ネットを伏せ込みます。
下塗り時から、モルタルの乾燥収縮によるひび対策を行っています。

DSC04739_R_20181114175011cd1.jpg
室内は畳下地の荒床張りが進んでいます。
桧の根太に直接杉無垢板を張ります。

DSC04741_R_201811141750123ed.jpg
寝室の畳下地荒床は張り上がり養生シートの状態になっています。

木工事は今週末まで現場で天井断熱材張を行い、来週は造作材の加工に入るため現場を空けます。