FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

木工事:造作工事、腰壁杉板張り
DSC05252_R.jpg
木工事杉板張りが進んでいます。
脱衣洗面・室内物干しは天井板と室内側間仕切壁の板張りが終わりました。

DSC05254_R_20181229134257412.jpg
居間から脱衣室までの通路です。
天井板張りが終わりました。

DSC05257_R.jpg
通路トイレ前の手洗いコーナーです。
腰壁の杉板張りが終わっています。
手洗い前はカガミ、腰壁から上は漆喰壁になります。

DSC05256_R.jpg
子供室は腰壁と収納内の杉板張りが終わり、しっくい壁下地のラスボード張りになります。

DSC05260_R.jpg
居間畳コーナーの収納や机の造作工事に入っています。

スポンサーサイト
外壁:軽量ラスモルタル下塗り 室内:サッシ枠・造作工事
DSC05221_R.jpg
外部は左官工事、軽量ラスモルタル下塗りが進んでいます。
北と西面が終わり、東面に入っています。
下塗りは年末までに終わり養生期間に入ります。

DSC05229_R.jpg
下塗り時にサッシ枠等コーナー部は耐アルカリファイバーメッシュを伏せ込みます。
乾燥時モルタルの収縮により、小ひびの出やすい部分に補強を入れておきます。

DSC05244_R.jpg
室内はサッシ枠等造作工事が進んでいます。

DSC05240_R.jpg
2階もサッシ枠が入り、室内建具の枠なども入り始めました。

DSC05234_R.jpg
外物置の壁張りが終わり天井張りに入ります。
木工事は12/29日まで、来年は1/7からの作業になります。

外部:ラス網張り 室内:床張り
DSC05206_R.jpg
外部は左官工事、ラス網張りが進んでいます。
来週初め、12/24~軽量モルタル下塗りが始まります。

DSC05210_R.jpg
ラス網部の重ね寸法や留め付け金物の間隔など確認します。

DSC05212_R.jpg
室内は木工事、床板張りが進んでいます。
1階はカバ桜縁甲板床張りが進み、点検口や床下エアコンの開口部など開けています。

DSC05217_R.jpg
2階は床板張りが終わり床養生になりました。

DSC05215_R.jpg
吹抜け側手摺下地の工事も進んでいます。
来週は、サッシ枠の取り付けなどの造作工事に入ります。

また、外物置の内装工事にも進む予定です。
天井板張り
DSC05190_R.jpg
各室の天井板張りが進んでいます。
寝室は杉縁甲板の節の少ない板を張りました。
張る前に建て主さんが蜜蝋ワックスを先塗りしながら、白板と赤混ざりの板、赤白の板に分けてもらっています。
居間や玄関は白板を張り、寝室は赤混ざりの板にしました。

DSC05195_R.jpg
子供室の天井も板張りが終わりました。
張る前の板の状態で蜜蝋ワックスを塗ると作業がしやすいと共に張る時に汚れや手油が付きにくくなります。

DSC05196_R.jpg
玄関天井は白い板としました。
玄関天井は下足入れの奥まで伸びます。
天井が奥まで伸びていると部屋が広く感じます。

DSC05194_R.jpg
トイレ天井も張り上がりました。

DSC05193_R.jpg
脱衣洗面と室内物干し室の天井下地組が終わり、杉縁甲板張に進みます。
1階床板張り 2階天井板張り 外部:ラス網張り
DSC05174_R.jpg
1階は根太組が終わり床板張りが始まりました。
床板が張り上がった部屋は床養生を行います。

DSC05179_R.jpg
2階も床板張りの準備に入っています。
畳の部屋があるため、床板部は下地合板に根太を流して床張りとなります。

DSC05180_R.jpg
吹抜け天井の杉板張りがそのまま屋根勾配なりに2階の部屋に続きます。

DSC05169_R.jpg
外部は左官工事のラス網張りが進んでいます。
左官工事の軽量ラスモルタル下塗りは年末を予定していますが、天候により年明けに伸びる可能性もあります。

木工事は床板張りが終わるとサッシ枠取付に入ります。
サッシ枠は無垢板を使用するので、加工された板が現場に搬入されています。
外壁:ラス網張り 室内:1階根太入れ、2階天井張り
DSC05150_R.jpg
外部は左官工事、ラス網張りに入りました。
ラス網張りは来週後半までの予定です。

DSC05159_R_20181215162952e86.jpg
1階は根太入れが進んでいます。
根太に直接無垢床板を張るため、床板方向の切り替え位置などの打ち合わせを行いました。
床下の木材は全て桧材を使用します。
柱や梁は杉材ですが、見えなくなる床下に湿気や害虫に強い桧を使います。

DSC05157_R.jpg
2階は階段周りの手すりが取り付きました。

DSC05156_R.jpg
居間吹き抜け部分の天井から杉縁甲板を張り始めています。

木工事は、1階は床板張りに入り2階は天井板張り後に床板張りになります。
ウール断熱材 内法入れ
DSC05131_R.jpg
造作工事はサッシ枠が入り、各室の鴨居や縦枠などの内法入れが進んでいます。

DSC05138_R.jpg
玄関下足入れや物入れなど杉板張りも進んでいます。
杉板は張る前に建て主さんが蜜蝋ワックスを先塗りした板を張っています。
節の多い一等材と節の少ない上小材は使用する場所に分けて張っています。

DSC05136_R.jpg
居間食堂は勾配天井部の杉縁甲板上小板が張り上がりました。
外壁部は付加断熱としてウールを間柱間に充填しました。

DSC05143_R.jpg
外部は左官工事軽量ラスモルタル塗りが終わり養生期間に入っています。
養生期間後は仕上げのジョリパット塗りになります。

軒天張り 天井断熱材
DSC05109_R.jpg
外物置はラス板張りが終わり、軒天やポーチ天井に先塗りした杉縁甲板張が進んでいます。

DSC05112_R.jpg
住宅部分は軒天ボード張りが終わりました。

DSC05122_R.jpg
室内は天井断熱材張りが進んでいます。
垂木間に高性能グラスウールを充填し、垂木下にネオマフォームを張り上げます。
ネオマフォーム継ぎ手と木部取り合いは気密テープ貼りを行います。

DSC05127_R.jpg
床下は設備配管の立上り部を行いました。

木工事は外部が終わると室内の天井断熱と天井板張りに進みます。
外部は左官工事のラス網張りに入ります。
天井杉板張り
DSC05096_R.jpg
天井杉縁甲板張が始まりました。
居室や玄関などの天井板は節の少ない上小材の杉縁甲板を張ります。
現場で張る前に建て主さんに蜜蝋ワックスを先塗りしてもらいます。
先塗り時に白太の板と赤白の混ざった板に分けながら塗り、白太の奇麗な板を居間・食堂・畳コーナー・厨房の天井に使うようにしています。
赤白の板は腰壁に使用します。
先塗りしながら仕分けることで、統一感のある奇麗な天井に仕上がります。

DSC05098_R.jpg
造作工事が始まりサッシ枠が取り付きました。

DSC05097_R_2018120817383590f.jpg
建て主さん工事で断熱材の切断した残材を壁に付加断熱として貼っててもらっています。
断熱材の残材は産業廃棄物として処分する所を、建て主さん工事として室内側に貼れば断熱性能も高まります。
間柱間に両面テープで貼っていきます。
両面テープは建て主さんが直接建材として購入しているので、不足になったら追加すれば良いので自由に使ってもらっています。
これは分離発注だから出来ますが、一括発注の場合元請け業者さんの物なので何事も自由には出来ません。

軒天張り、天井断熱、水切り取付
DSC05018_R.jpg
軒天張り工事が始まりました。
破風板の溝が板材の乾燥により幅が狭くなったところがあるので現場で溝を広げる作業をしています。

DSC05016_R.jpg
軒天ボードを張った所です。

DSC05027_R.jpg
室内は天井断熱材入れに入りました。
雨の日は外部で工事が出来ないため、室内の工事になります。
天井断熱材入れが終わると天井板張りに入ります。

DSC05014_R.jpg
外部板金工事はサッシ上水切り取付が終わりました。

DSC05006_R.jpg
左官工事に取りつける水切りや梁笠木板金なども取り付けが終わりました。