FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

配筋検査
DSC05725_R.jpg
配筋検査を行いました。

DSC05637_R.jpg
鉄筋位置の配置や通りがよいか確認をします。

DSC05691_R.jpg
地盤面側のかぶり厚さが必要な高さが確保されているか、確認です。

DSC05676_R.jpg
入隅の補強筋です。

DSC05721_R.jpg
立上り鉄筋の確認します。

DSC05715_R.jpg
ベース筋も確認します。

型枠の設置、設備配管入れなどの工事後にベースコンクリートの打設を予定しています。
スポンサーサイト



レベルコンクリート、除湿シート、墨出し
DSC05592_R.jpg
除湿シート重なり巾の施工です。砕石とベースコンクリートの間に位置し、
地面の湿気の建物内への侵入を防止します。

DSC05599_R.jpg
レベルコンクリートの打設です。
型枠の位置や通り芯を出すためと高さの基準にもなります。

DSC05619_R.jpg
レベルコンクリートの幅や厚み、位置、状態を確認します。

DSC05614_R_20190129142014d6d.jpg
レベルコンクリートに出した基準位置の確認をしました。

1階造作工事
DSC05581_R.jpg
1階の造作工事が進んでいます。
寝室のカーテンボックス取付が始まりました。
カーテンボックスが取り付くと天井下地組になります。

DSC05579_R.jpg
居間続きの部屋は、カーテンボックスや天井見切りが取り付き天井下地も出来ました。

DSC05580_R.jpg
洋間もロールカーテンボックスが取り付き天井下地が出来ています。

DSC05577_R.jpg
通路収納ボックスが出来ました。
収納ボックスの一部は床下エアコンの収納場所になります。
仕切りを兼ねた収納は半分は通路側の収納、残りの半分は脱衣室側から使用する収納棚になります。

DSC05586_R.jpg
2階オープンスペースの机や本棚は建て主さん作業の蜜蝋ワックス塗りが進んでいます。

造り付けオーダーキッチン 電気配線
DSC05534_R.jpg
木工事で作るオーダーキッチンの架台作りが進んでいます。
アイランド型のキッチンの居間側は収納棚になります。

DSC05535_R.jpg
キッチン側は電気配線工事を行っています。
配線工事後に腰壁張りになります。

DSC05540_R.jpg
テレビ台や畳下の引出収納の製作に入りました。
部材の切り出しを行い引出の枠加工に進みます。

DSC05544_R_201901261333300a7.jpg
ポーチと玄関の土間コン打設が終わり養生期間に入りました。
濡縁下土間コンは2月上旬に打設予定です。

明日から室内左官工事、漆喰下塗りの準備に入ります。
木工事:1階造作
DSC05525_R_20190124110424a2b.jpg
トイレ間仕切りと内法関係の造作工事に入りました。

DSC05526_R.jpg
吹抜け回りのラスボード張りが終わり、大工さんは2人で1階の造作工事に入りました。

DSC05524_R.jpg
2階から吹き抜け方向です。
吹抜けに面する手摺工事も2階側のラスボード張りを残すのみとなりました。

DSC05518_R.jpg
2階オープンスペースは収納や造作工事が終わり、ラスボード張りも進んでいます。
2階ラスボード張りは和室と階段周りを残しています。

DSC05529_R.jpg
電気工事も木工事の進捗に合わせて、コンセントや照明の配線が進んでいます。
吹抜けのエアコン配管は、天井裏を通り1階壁内の下部で外部に出します。

根切、砕石
DSC05443_R.jpg
基礎の根入れ部分の状態や巾、高さの確認です。
地中梁がある建物では、根切を行いながら砕石を入れていきます。

DSC05461_R.jpg
砕石は十分な転圧を行います。

DSC05480_R.jpg
転圧後に穴をあけ砕石厚さの確認を行います。

DSC05503_R.jpg
転圧後の高さや巾も確認します。

今週は防湿シート、レベルコンクリートの打設などを行い、来週は鉄筋工事を予定しています。

丁張検査
DSC05460_R.jpg
今週から基礎工事が着工となり、工事が着実に進んでいます。
工事の進捗に合わせて、工程ごとに検査を行っていきます。
基礎工事の初めに丁張を掛け、建物外周部に基準位置や高さを出し、
基準に合わせて工事を進めていきます。

DSC05470_R.jpg
丁張に出した通り芯の位置や距離の確認です。

DSC05500_R.jpg
丁張には高さ情報もあり、水糸を張ることで、通り芯や高さを確認しながら工事を進めることができます。

DSC05490_R.jpg
建物対角長さの確認です。
対角長さを計測することで、ずれがないかを確認します
木工事:居間作り付け家具、各室造作  屋根工事:竪樋取付
DSC05431_R.jpg
居間食堂の書斎コーナー上の本棚に可動棚が入りました。
扉は木製建具工事で取り付けます。

DSC05432_R.jpg
LDKは造作工事と漆喰下地のボード張りが終わり、作り付けのオーダーキッチン製作に入ります。

木工事の室内はキッチンや居間食堂の引出収納の製作を残すのみとなりました。
外部の濡れ縁やポーチ面格子は加工を済ませた後に建て主さんによる先塗り塗装を行ってから取付になります。

DSC05426_R.jpg
脱衣洗面はカウンター脇の収納と正面の鏡枠が出来ました。
脱衣洗面は室内物干しと兼用になるため、物干し用のステンパイプの取り付けも終わりました。

DSC05428_R_20190123134354948.jpg
クローゼットは可動棚の棚柱取付やステンパイプ取付も終わっています。

DSC05440_R.jpg
外部は竪樋が取り付けられました。

外部足場取り外しは今週末の午後になります。

木製建具採寸 木工事:居間ボード張り、脱衣収納家具
DSC05414_R.jpg
木工事が進み木製建具工事の採寸とハンガーレール取付になりました。
採寸後加工場にて作成し竣工近くに現場での建込になります。

DSC05416_R_20190119132310ccb.jpg
木工事は居間テレビ台カウンターが出来上がり、漆喰下地のボード張りに進んでいます。
ボード張り後は引出収納や木工事によるオーダーキッチン製作に入ります。

DSC05413_R.jpg
脱衣洗面は杉板壁張りが終わり、洗面化粧台脇の収納棚制作に入りました。

DSC05422_R.jpg
ポーチと玄関土間、濡れ縁下のコンクリート打設準備を行っています。
コンクリート打設は今月末から翌月初めの予定です。

DSC05424_R.jpg
外壁はジョりパット仕上げ塗が終わりましたので、1/26(土)午後に外部足場が取り外されます。
地縄の確認
DSC05033_R.jpg
地鎮祭前に基礎工事業者さんに張っていただいた地縄を確認しました。

DSC05038_R.jpg
地縄は建物の建つ場所を地面に出す、工事の最初の工程です。

テーマ:建築家の建てる家 - ジャンル:学問・文化・芸術