FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

外部設備配管 基礎工事埋め戻し 土台墨出し
DSC06259_R.jpg
外部足場組前に設備外部配管工事を行います。
建て方前に外部設備配管をある程度行っておくと、足場解体後の工程がスムーズにいきます。

DSC06264_R_20190228132458fa1.jpg
基礎工事は土間コンクリート打設後の型枠解体も終わり埋め戻しになりました。

DSC06262_R.jpg
土台伏せや建て方に使用する木材が搬入されました。
土台材の加工状況確認です。

DSC06268_R.jpg
木工事は土台伏せ前に基礎天端に墨出しを行います。
墨を基準にして土台の位置を決めていきます。

明日は朝から土台伏せを行います。

スポンサーサイト
室内木工事完了
DSC06249_R.jpg
室内木工事の最後になるラスボード張りが終わりました。
全室ボードが張られると室内感が出て来ます。

DSC06254_R.jpg
居間吹き抜けとが2階のオープンスペースにつながります。
グレーのラスボード部分が漆喰の白に仕上がると現在よりもずっと明るく感じます。

DSC06250_R.jpg
子供室もラスボード張りが終わりました。

来週から左官工事に入ります。


木工事:ラスボード張り、 左官工事:室内塗り壁準備
DSC06215_R.jpg
木工事は終盤を迎えています。
火打ち梁のボルト穴ふさぎ用に板張りを行います。
漆喰下地のラスボード張りが残り2室となりました。
室内木工事は来週中頃に終わる予定です。

DSC06217_R.jpg
寝室はラスボード張りが終わり、大工さんの道具も片づけられました。

DSC06222_R_2019022312002246d.jpg
左官工事が2階から入りました。
左官工事の床養生を行い、ラスボードのジョイント部にメッシュテープ貼りを行っています。

DSC06211_R.jpg
外部はサッシや梁周りのコーキング工事が終わりました。
外部中塗りは3月初めに行う予定です。
外部コーキング 木製建具採寸 木工事ラスボード張り
DSC06193_R.jpg
外部コーキングを左官工事の中塗り前に行います。
コーキング箇所を図面に記入して事前に送っておきます。
現場ではコーキング箇所の確認と色の確認を行います。
養生テープ張り後コーキング工事になります。

DSC06197_R.jpg
室内は木製建具の採寸と吊戸レール取付工事を行っています。
木製建具は採寸後、加工場にて製作し竣工間際に現場にて調整し建込ます。

DSC06200_R.jpg
木工事は和室造作工事の残りを行い、1階ラスボード張りに入ります。

DSC06194_R.jpg
2階はラスボード張りが終わり、左官工事が入れる状態になっています。

外部左官工事、軽量モルタル中塗りは3月初めに行う予定です。
基礎型枠が解体されました
DSC06145_R.jpg
十分な型枠存置期間を経て、型枠解体となりました。

DSC06148_R.jpg
基礎出来高の検査です。
寸法やコンクリートの状態を確認していきます

DSC06173_R.jpg
型枠解体後は犬走コンクリートの打設やポーチや玄関土間コンの打設、ノロの除去などに進みます。
木工事:作り付け家具
IMG_5979_R.jpg
木工事は造り付け家具工事がほぼ終わりました。
居間と通路側から使用する収納家具です。
本体が出来上がり、引違の木製建具が入ります。

IMG_5976_R.jpg
洗面化粧台とミラーキャビネットが取り付きました。
洗面器は設備工事で病院用流しをはめ込みます。

IMG_5971_R.jpg
キッチン裏面の収納棚が取り付きました。
左官仕上げ工事前に取り付けなければならないので、木工事で取付を行いました。

IMG_5967_R.jpg
階段手摺受けの取り付けが終わりました。
手摺取付は左官工事でしっくい壁塗りが終わった後に取り付けます。

来週の木曜日、外部のコーキング工事と木製建具採寸とレール取付を行います。
材木検査を行いました
DSC06131_R.jpg
プレカット工場にて材木検査を行いました。

DSC06121_R.jpg
寸法や状態を確認していきます。

DSC06108_R.jpg
含水率計をお借りし、材木の乾燥具合の確認です。

DSC06127_R_20190216145238bec.jpg
プレカット工場の稼働日と建て主さんの都合があったため
ご厚意により工場見学をさせていただきました。

家とともに思い出もつくっていけたらと思います。

畳採寸、木製格子
DSC06102_R.jpg
畳の採寸を行いました。
厚みや寸法などの寸法を取り、畳の制作を行います。

DSC06073_R.jpg
外部の大工工事が進んでいます。
ポーチの一部には目隠しとアクセントに木製格子を設けました。

DSC06096_R.jpg
濡れ縁板の施工が整いました。
一部の柱には物干し竿受けを設けています。


室内は漆喰塗り、タイル貼りの準備工事が進んでいます
建て主塗装工事開始
DSC05959_R.jpg
建て主塗装工事が始まりました。
慣れる前は取り付け後の木材への塗装は難しいですが、
取り付け前の材木を並べて塗ると、難易度はぐっと下がります。

DSC05962_R.jpg
風が強かったため、この日は数枚の塗装のみ。
塗装した板材が実際に使用されるのは、建て方後しばらくしてになりますが、
工程にゆとりを持たせるために、塗装を先行させておきます。

キッチンカウンター、建て主塗装工事
DSC06021_R.jpg
キッチン天板が届き取付が行われました。
キッチン天板下は食洗器や収納引出しが入ります。

DSC06053_R.jpg
食器棚やキッチン居間側の収納棚は建具で目隠しし、生活感が出にくい納まりとなっています。


DSC06024_R.jpg
週明けからは濡れ縁、ポーチ木製格子の工事となり、
材木の建て主塗装工事が進んでいます。

DSC06057_R.jpg
南側前面に濡れ縁が設けられ、中間領域として生活の余幅やゆとりをつくっていきます。