FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

照明器具取付、隣地境界ブロック
IMG_6290_R.jpg
隣地境界ブロックの施工です。
水糸を張り、直線を確認しながら、ブロックを積んでいきます。
ブロックにはスリーブ穴を確保し、フェンスを建てていきます。

IMG_6291_R.jpg
室内では照明器具やコンセントプレートなどの取り付けで進みました。

IMG_6297_R.jpg
2階オープンスペースです。取り付ける照明器具が配られています。


スポンサーサイト
天井下地、システムバス
DSC08023_R.jpg
2階床板の施工が進みました。
施工後は竣工間際まで養生を行います。

DSC08047_R.jpg
床板の施工後は天井下地工事が進み、天井や壁の決まりをつけていきます。
下地を入れる位置の打ち合わせなども現場で行いました。
天井裏には配線やエアコンの配管の工事も進んでいます。

DSC08030_R.jpg
システムバスが設置されました。

DSC08032_R_201904271708083ba.jpg
システムバス足元の土間断熱材くりぬき部分の発泡ウレタン拭きです。

DSC08002_R.jpg
換気扇ダクトややエアコンなどの外壁貫通部分のスリーブ工事も進んでいます。
気密や防水などに気を付けながら工事を進めています。
基礎型枠取外し 設備外部配管
DSC07910_R.jpg
基礎コンクリート打設後、規定の養生期間を経て型枠解体になりました。

DSC07861_R.jpg
基礎出来高の検査です。
基礎高さや幅などの確認と、コンクリート仕上がり状況の確認など行います。

DSC07889_R.jpg
立上り部の出来高確認です。
基礎天端仕上がり状況やアンカーボルトの設置状況なども確認します。

DSC07933_R.jpg
基礎型枠解体時期に合わせて設備工事を行います。
基礎スリーブに排水管や給水管を入れ防蟻シールを行います。

DSC07877_R_20190424082749e77.jpg
基礎スリーブに入れた配管と基礎工事前に施工した外部配管を結ぶ工事です。
狭い場所では基礎工事中に外部配管を済ませておくと、竣工間際の仕上がった状態で工事をするとでは外壁を汚さずに済みます。

25日外部土間コンクリート打設予定です。
4月末、土台材搬入
5月3~4日 土台伏せになります。
5月8か9日 建て方材搬入
5月11日 外部足場組 予定です。
畳敷き込み
IMG_6270_R.jpg
畳敷き込みになりました。寝室敷き込み状況です。
畳種類と色は事前に建て主さんと打ち合わせを行い、現場での採寸後工場にて製作されます。

IMG_6277_R.jpg
居間吹き抜けより見た敷き込み状況です。
居間は半畳の市松敷き込みです。

IMG_6279_R.jpg
敷き込んだ後に縁の微調整を行います。
採寸時にレザーの測定器で測り作成するので、敷き込みも隙間なくぴたりと納まりました。
畳敷き込みが終わると室内の様子が完成に近づいている感じになります。

今週後半からポーチ玄関のタイル下地モルタル、その後タイル張り。
5/2~道路側擁壁や駐車場などの外構工事が始まります。

木材検査
IMG_6240_R_20190422083142805.jpg
先週の土曜日、プレカット工場の稼働日と建て主さんの休日が合いましたので木材検査とプレカット工場の見学を行いました。
広い工場に3ヵ所に分かれて置かれていた構造材です。
これからほぞや仕口、継ぎ手などプレカットされ、土台は28日頃現場搬入予定、建て方材は5/8搬入予定です。

IMG_6234_R.jpg
土台や大引など床下周りはヒノキ材を使用します。
木材検査では樹種や寸法の確認を行いました。

IMG_6237_R.jpg
化粧になる梁材です。
化粧材は削り代をみて5ミリ程度大きな材料で搬入されています。

IMG_6242_R.jpg
含水率のチェックです。
構造材は20%以下の含水率としています。
現場で指示したどの材も20%以下を確認しました。

工場の稼働日と建て主さんの都合が合えば、木材検査立ち合いとプレカット工場の見学は家づくりの思い出の一つになると思います。
サッシ上水切り板金
DSC07810_R.jpg
サッシ水切りや袖壁下の水切りなど外壁に絡む板金工事が進みました。

DSC07848_R_2019042014403715d.jpg
立上り位置や寸法などを確認しました。

DSC07831_R.jpg
室内では床板の施工が進みました。

DSC07822_R.jpg
垂木掛けの部分に付加断熱材の施工です。
断熱の欠損がないように断熱層を連続させていきます。

DSC07856_R.jpg
土台回りの熱橋部分の発泡ウレタンによる断熱施工は建て主工事です。

来週は引き続き室内の大工工事、電気配線工事、システムバス工事などを予定しています
木製建具建込 蜜蝋ワックス塗り
IMG_6224_R.jpg
木製建具建込です。
木製建具は木工事で内法が入った後に採寸し、加工場にて製作されます。

IMG_6231_R_201904201125242c7.jpg
現場に取り付けた後に枠に合わせて削り付け等の微調整をします。
枠と建具が一体に製作されている既製品の建具と違い、現場で大工さんが作った木枠に合わせて現場調整と加工をします。

IMG_6233_R.jpg
建込に合わせて建て主さん参加工事の蜜蝋ワックス塗りを行っていただきました。
塗装工事の場合は建具が取り付いてから塗りますが、取り付く前に塗れると平面での作業のため効率よく塗れます。
建て主さんの都合に合わせて、土曜日に建具建込をお願いしました。

来週火曜日は畳敷き込み、後半から左官工事玄関・ポーチモルタル下地と外部設備配管工事に入ります。
5/2から外構工事が始まり擁壁や駐車場工事の準備が始まります。
外部木製面格子、濡れ縁
DSC07791_R.jpg
外部木工事の木製面格子と濡れ縁工事が進み、今日午前中で終わりになります。

DSC07772_R.jpg
西側面格子が取り付き、寝室前の物干し場が囲われてきました。

DSC07796_R.jpg
ポーチ面格子を取り付けています。
面格子は組んだ状態で取り付けます。
先につなぎ材裏側からビス止めをしているので、取り付けた後にはビス跡が見えません。

DSC07790_R_20190418113115eee.jpg
濡れ縁工事も残り数枚で終わりになります。

今週末は木製建具工事が入り、室内建具の取付になります。
床板、システムバス現地調査
DSC07715_R.jpg
1階床の施工が始まりました。
厚20mmパイン無垢板を根太上に直接施工していきます。

DSC07736_R.jpg
勾配部分の天井板の施工を終えました。

DSC07768_R.jpg
システムバスの現地調査と打合せを行いました。
注意点や仕事区分の確認を行います。
立上りコンクリート打設
DSC07682_R.jpg
立上りコンクリートの打設を行いました。
ベースコンクリートの打設と同様に、役割分担をきちんとさせながら打設を進めます。

DSC07680_R_20190417085016dfb.jpg
型枠内にコンクリートを流し込み、振動機で充電させ、
全体を見つつコンクリートが落ち着いてからドリルで再度充填です。

DSC07706_R_20190417085020451.jpg
再度充填後にはコンクリートの天端の高さを整えていきます。
鉄筋に取り付けた高さ目標に合わせながら、コテで調整していきます。
その後、天端レベラーで天端を平滑に仕上げます。

DSC07666_R_2019041708501575f.jpg
打設の前にはホールダウンアンカーの位置確認を行いました。
コンクリート打設後に入れていく「田植え方式」ではなく、
位置・高さのミスが少ない「事前固定式」としています。
続きを読む