FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

配筋検査、型枠工事
DSC08870_R.jpg
住宅瑕疵保険の配筋検査を受けました。
配筋の位置や本数、種類、高さなどが図面通りに施工されているかの検査です。
問題はなく合格となりました。

DSC08862_R.jpg
検査前には全体や各部位が適切に施工されているかの自主検査を行いました。

DSC08921_R.jpg
鉄筋の継ぎ手長さや定着長さが基準以上あるかも確認していきます。

DSC08976_R.jpg
外周部の型枠の設置工事です。
水糸とレベルコンクリートに出した墨を基準に型枠を固定していきます。

週明け月曜にベースコンクリートの打設予定です。
スポンサーサイト
屋根工事:ルーフィング葺き  木工事:サッシ受枠取付
DSC08793_R.jpg
外部は面耐力壁の構造合板張りが終わりました。

DSC08802_R.jpg
室内から見ると開口部の位置や高さが分かるようになりました。
木工事は仮筋交いが取り次外され間柱入れが始まっています。

DSC08835_R.jpg
2階天井は屋根勾配なりに張られるため、小屋裏がほとんどありません。
小屋筋交いの代わりに面耐力壁の構造合板を母屋と梁間に真壁仕様で張ります。
受材や面材の種類や寸法の確認、留め付けの釘種類・間隔を確認します。

DSC08858_R_20190529113238222.jpg
外張り断熱のためサッシ受け材を留め付けます。

DSC08831_R.jpg
木工事で葺いたルーフィングの上にさらに屋根工事で葺くゴムアスルーフィングの2重葺きとします。

今週土曜日は瑕疵担保保険の軸組検査を受けます。
破風巻、軒樋工事
DSC08791_R.jpg
外壁左官工事の下塗り後、中塗り工事前に軒樋の工事を行います。
軒樋の取り付け前に破風板にガルバ鋼板を巻いていきます。
折加工は工場で行い、現場で材を調整し施工していきます。

DSC08782_R.jpg
母屋や棟の小口にもガルバリウム鋼板を巻いていきます。

DSC08775_R.jpg
室内では大工工事も終盤となっています。

DSC08772_R.jpg
居間や厨房などの決まりもつき、玄関周りの工事へと進んでいます。

DSC08774_R.jpg
システムキッチンの給排水の床処理も行われました。
面耐力壁張り
DSC08716_R.jpg
外壁、面耐力壁の構造合板張りが進んでいます。

DSC08734_R.jpg
外物干し屋根下地も出来、木工事で葺くアスファルトルーフィング葺きが終わっています。
全ての屋根にルーフィング葺きが終わると一安心です。

DSC08753_R_2019052511281410a.jpg
土台水切り下地、桧材が取り付きました。
水切りの受けと外張り断熱材の下端定規となります。

DSC08755_R.jpg
北~西は外壁構造合板張りが済みました。
今日で南側と東の残っていた部分の合板張りが終わる予定です。

来週はサッシ受け材取り付けや、2階の外壁ネオマフーム張りと天井断熱材入れに入ります。
防湿シート、レベルコンクリート
DSC08690_R_20190522182253520.jpg
砕石工事後は防湿シートの敷き込み、レベルコンクリートの打設です。

DSC08683_R.jpg
防湿シートの重なり巾が適切かを確認します。

DSC08693_R.jpg
レベルコンクリートは幅や厚み、位置や状態を確認していきます。
レベルコンクリートと丁張を基準に鉄筋や型枠などの次の工程が進んでいきます。

DSC08688_R_2019052218225757e.jpg
墨出しです。レベルコンクリーに建物の通り芯や型枠の位置などを出していきます。

今後は鉄筋、型枠工事と進み、配筋検査後に、ベースコンクリートの打設へと進みます。


窓台入れ ポーチ屋根
IMG_6520_R.jpg
東下屋の屋根下地工事が終わりました。
これから外物干し場屋根下地工事に入ります。

IMG_6501_R_2019052217174798f.jpg
東下屋の屋根は木工事で行うアスファルトルーフィング葺きが終わりました。
この上にさらに屋根工事で行うルーフィングを葺いて2重の下葺きとします。

IMG_6498_R.jpg
室内は窓台入れが進んでいます。
図面の高さを見ながらサッシ開口に合わせて窓台・まぐさを入れていきます。

IMG_6516_R.jpg
2階は下屋の屋根工事前に間柱を入れ面耐力壁を張ります。
開口部分にサッシが入ります。

木工事は今週末にかけて外壁面耐力壁張りを進めます。
5/25(土)屋根採寸予定です。
室内工事が進んでいます
DSC08672_R.jpg
室内の工事が進んでいます。
大工工事の進捗に合わせて、電気や設備の工事を行いました。
取り合いのある箇所は、設計も含めて、関係する工事で現地打ち合わせを行います。

DSC08674_R.jpg
洗面カウンターが施工されました。
カウンター材は建て主が工場まで引き受けに行き、配送費なしとなりました。

DSC08675_R.jpg
各室の収納棚関係も進んでいます。
取り付け後は建て主さんの蜜蝋ワックス塗りを順次進めていきます。

DSC08671_R_20190522134604be7.jpg
外部は引き続き軽量モルタル塗りが進んでいます。
外壁軽量モルタル塗り
IMG_6471_R.jpg
外壁左官壁のラス網の固定が終わった面から軽量モルタル塗りが始まりました。

IMG_6446_R.jpg
換気関係のダクト周りやサッシの角などヒビの入りやすい箇所には
メッシュシートを入れながら施工していきます。

IMG_6452_R.jpg
室内は大工工事が進んでいます。
室内物干は杉板仕上げです。

IMG_6454_R.jpg
ウォークインクローゼットは造作棚やステンレスパイプが施工されます。

IMG_6462_R.jpg
畳コーナーの本棚と机の施工も終わりました。
西下屋ルーフィング 柱金物 筋交い入れ
DSC08636_R_20190518114306c19.jpg
下屋屋根工事前に屋根接続部の構造合板張りを先行して張ります。
間柱を入れ面耐力壁の構造合板張りを行った後に垂木を掛けます。

DSC08640_R_2019051811430754b.jpg
西側下屋は屋根下地が出来ルーフィング葺きまで終わりました。

DSC08643_R.jpg
外周部は構造合板張り前に柱引き抜き耐力の金物を取り付けます。
梁接手も金物が取り付いています。
束と母屋の仕口や母屋継ぎ手も梁柱と同様な金物を取り付けます。

DSC08645_R.jpg
1階は室内部の筋交い入れが進んでいます。

DSC08651_R.jpg
筋交い金物の取り付け状況なども確認します。

来週は東側の屋根工事に進みます。
基礎工事が着工しました
DSC08594_R_201905171721365fe.jpg
基礎工事が着工となりました。
基礎工事着手前には、設備配管工事を一部先行しています。

DSC08559_R.jpg
建物の大きさ位置の検査で、対角長さの確認を行いました。
合わせて通り芯の確認も行います。

DSC08585_R.jpg
建物外周部や地中梁部分の根切底の確認です。

DSC08633_R_20190517172140522.jpg
地盤改良杭の柱頭がコンクリートの下端になるように計画しました。

DSC08597_R.jpg
砕石を転圧していきます。

DSC08608_R.jpg
転圧後の砕石の厚さの確認です。