FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

外部設備配管工事、天井珪藻土工事
DSC02083.jpg
足場が解体されましたので外部の設備配管工事です。
雨水や雑排水の配管と各マスへ接続していきます。

DSC02090.jpg
室内では天井珪藻土塗り工事が進んでいます。
ガスコンロを採用するキッチンでは、その区画の天井を燃えにくい材で仕上げる必要があり、
キッチンと隣接する通路を区画として、天井を珪藻土仕上げとしました。

DSC02069.jpg
漆喰塗り工事も進んでいます。

DSC02073.jpg
吹抜け

DSC02087_201910311325002f1.jpg
外観
スポンサーサイト



計画案C
計画案Cです。
IMG_5152C_R.jpg
この案の特徴は屋根を西側に向けた案です。
将来太陽光発電を希望されているので、南下がりの屋根の方が効率は良いのですが、敷地も真南に向いているのではなく東に振れています。
西下がりの屋根でも南西側に向くため、それほど効率が落ちるわけではなさそうです。

IMG_5157C_R.jpg
この案は居間吹き抜けを通して2階につながります。
2階は西に寝室、北から東にかけて子供室になります。
1階は南西から北方向へポーチが伸び、北西に玄関を設け、玄関から居間空間へ入ります。

IMG_5165C_R.jpg
北側に水回りの各室と収納を設け、クローゼットが通り抜けになり階段周りを一周できる案です。

IMG_5173C_R.jpg
南東に客間を配置、客間を室内物干しと兼用とした案です。

どの案も客間として一部屋を設けました。
これは、奥様のご実家が遠方のため数日の滞在を気持ちよく過ごして頂きたとの思いで、完全に独立した客間の提案とC案のような兼用も出来る案も提案しました。
計画案B
B案です。
IMG_5153B_R.jpg
西道路の南方向から。
B案は2階の東に寝室、南から西側にかけて子供室を配置。
1階は西に客間を配置、南へLDK、北から東にかけて収納と水回りの各室を配置した案です。

IMG_5156B_R.jpg
この案の特徴はキッチンとダイニングテーブルを並べ、南へ向けた案です。
キッチンはアイランドタイプとしキッチンとダイニング周りを回れるプランを提案しました。
キッチンからテラスと庭へのつながりが動線と共に視覚でも近い計画です。

IMG_5164Bjpg_R.jpg
アプローチは客間の北側のポーチを通り玄関へ進みます。
ポーチ内に1間幅奥行き3尺の収納を2つ並べ外物置としました。

IMG_5169B_R.jpg
南東方向からです。
共働きのため、洗濯物は室内干しが基本になります。
キッチンの収納と勝手口兼ねた外物干しを南東に配置、勝手口からは敷地東側の家庭菜園予定地にすぐ行けます。
計画案提出 A案
敷地の周辺環境や建て主さんの希望要望から、どのような住まい方が楽しいだろうかと模索検討しながら計画案を進めます。
いくつものスケッチやアイディアの中から選んだ案を提出します。

IMG_5154A_R.jpg
A案です。道路南側からの外観イメージ模型です。
この案は2階に寝室と将来仕切れる子供室、1階西側に客間を配置し奥にLDKと水回りの各室を配置しました。

IMG_5155A_R.jpg
将来太陽光発電を載せられるようにとの希望から、屋根は南下がりの片流れ屋根を計画しました。

IMG_5163A_R.jpg
道路側に3台分の駐車スペースを設け、アプローチは西側を北に向かいます。
北西にポーチを設け玄関へ入ります。
西側に飛び出た部分はアウトドア用品や庭作業の道具収納用に1坪の外物置を付けました。

IMG_5170A_R.jpg
南東方向からです。
東側下屋部分は室内物干し室となります。
建て主さんの希望の中で、勝手口が欲しいとありました。
勝手口を兼ねた室内物干しを日当たりの良い南東方向に計画しました。
建て主さんの希望要望と敷地模型

IMG_5179_R.jpg
敷地と周面環境の模型です。
敷地北には新築の2階建て住宅、西側にカーポートがあります。
南は平屋住宅と1台分の車庫があります。
道路は西側で南北に短く東西に長い敷地となっています。

IMG_5146_R.jpg
西道路南側から敷地方向です。

計画を始めるにあたり、建て主さんの希望要望を出して頂きます。
その後、希望要望についてのヒアリングを行うと共に、現在お住まいの住まい方などを見させていただいたり、お聞きしたりします。

建て主さん希望要望について
1、家族が集えて気持ちの良い家 → リビングとその周辺に集まる居場所を作る
2、夏涼しく、冬暖かい → 高気密高断熱の家づくりを行っているため心配なさそう (今まで竣工した住まいは光熱費もアパート暮らしと同じかそれ以下の場合もあり)
3、将来、夫婦2人で暮らすことを見据えた家 → 色々な事に対応できる動線と平面計画
4、家空間と庭空間が良い関係になるように → 室内と庭とのつながりや中間領域の計画
など希望要望についての計画の方向性を話し合い計画案に入っていきます。
敷地から2
DSC06143_R.jpg
敷地から西方向です。
道路の向こうには地区の集会場がありますが、普段使われることは少ないようです。

西側道路と計画住宅の間に駐車スペースを設け、アプローチを南西か北西のどちら側に設けるか検討が始まります。

DSC06295_R.jpg
北側には新築の2階建て住宅があります。
隣家の居間開口部と視線があまり合わないような計画にした方がお互い気を使わなくて済みます。
玄関の位置やアプローチ、北側の開口部など隣家の位置を考慮して計画を進める必要があります。

DSC06145_R_20191018090238b6c.jpg
北敷地の東側です。
隣家の東側は家庭菜園か庭を作るために開けてあるようです。
敷地の東側は南に平屋住宅、東は畑になっており北には隣地の庭か家庭菜園と思われるので、開放的な場所になりそうです。

DSC06283_R.jpg
敷地調査時に隣家の位置や開口部など調査します。
隣家の玄関位置や勝手口などあれば、なるべく視線を合わせないような計画にします。

建て主さんの希望要望をお聞きし、敷地と周辺環境の調査を行います。
また、現在お住まいの住まい方などを見せていただいた後に計画に入ります。
敷地から
DSC06133A_R.jpg
敷地西側の道路から東方向です。
東側は隣接して畑がありその奥には住宅が並んでいます。
有効に耕作されていない畑なので、市街化調整区域ですが一部宅地になる可能性もあります。

DSC06287_R.jpg
敷地南は平屋建て住宅が東の方に建っています。
住宅から道路までは南隣家の庭と1台分の車庫があります。

東西に長く南北は比べれば短い敷地ですが、十分な広さがあり南隣家も平屋のため日当たりは一年を通して心配なさそうです。

DSC06148_R_2019101713391501f.jpg
敷地南西方向です。
南西方向の道路の向こうにはビニールハウスが広がり、市街化調整区域の畑が広がる景色です。
遠方まで高い建物もなく眺望の良い方向になります。
室内造作工事 ボード張り
DSC02011_R.jpg
外部は来週から外壁張り工事に入ります。

DSC02017_R.jpg
遊戯室は天井吸音板張りが終わり、室内建具の造作工事に入っています。

DSC02018_R.jpg
倉庫は天井下地ボード張りが終わり、壁の針葉樹合板張りに進みました。
倉庫壁は物が当たっても壁に穴が開いたり凹まないように厚12ミリの合板仕上げです。

DSC02021_R_20191023172949548.jpg
事務室も天井下地ボードが張り上がり、造作工事に入っています。

DSC02028_R.jpg
加工搬入された造作材です。
無垢板の場合、材料を大工さんの加工場に入れ、仕上げ削りや溝加工など行った後に現場に搬入します。
現場では、取付場所に合わせて切断し組立取付を行います。


敷地周辺環境
DSC06293_R_20191021162829c34.jpg
敷地は幹線道路から一本中に入った閑静な敷地です。
都市計画の市街化調整区域内なので、区域の見直しがない限り将来にわたり建物が建ち並ぶという事はありません。

DSC06136_R.jpg
市街化調整区域は市街化を抑制する地域で建物をむやみに建てられない場所になります。
敷地は以前から住宅があった場所で、住む方がいなくなったため解体して売りに出された敷地です。

購入して家が建てられるかどうかは、不動産屋さんと役所に相談してみなければわかりませんが、この敷地の場合手続きを行えば新築可能な敷地という事でした。

DSC06140_R.jpg
敷地北方向の道路からです。
道路はカーブの途中で2つに分かれY字路になっています。
幹線道路が近くにあるため、交通量は少なく静かな場所になっています。

外部足場解体 漆喰下塗り
DSC01996_R.jpg
外壁そとん壁が塗り終わりましたので外部足場が取り外されました。

DSC02003_R.jpg
吹抜け回り壁の漆喰下地プラスター塗りも終わっています。

DSC02004_R.jpg
プラスター塗りは居間正面と玄関周りが残っています。

DSC02005_R.jpg
プラスター下塗り後、養生テープをはがし、コテ補修をおこないます。

室内はプラスター塗りから漆喰塗りに入ります。
外部は設備工事の外部配管工事になります。