FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

室内物干し
設計の初めに洗濯物の干す場所や作業状況など打合せします。
各ご家庭により洗濯の時間や干す場所が変わってきます。
深夜電気の契約をされている方は、夜間の安い電気を使ってタイマーで洗濯をされている方が多くなっています。
干す場所は各家庭の考え方によって、外に干して日光に当てたい方、室内干しを希望される方、花粉症など季節によって室内干しを必要とされる方、干す物によって分けられる方など多様です。

1343291181.jpg

外ごはんの家のご家族は、室内干しを希望されました。
計画した場所は独立した室内物干し室ではなく、子供室前の通路と兼用しました。
日中あまり使わない場所であり居間から見えにくい事と、南西向きの日当たりの良い所のため早く乾きそうな場所です。
洗濯の作業は、洗濯機からバスケットに入れ干す場所でハンガーやピンチに下げる作業が多いという事だったので、
干す場所近く写真左にある作業台とハンガーやピンチ収納を設けました。
また、作業台は洗濯物を取り込んでたたむ作業にも便利です。

1343291199.jpg

子供室前の通路も部屋の仕切りを30cm程度ずらし、通路巾を広く取り洗濯物が干されていても通路に邪魔にならないようにしました。
物干しをどのような形で行うかは高さや納まりなどいろいろな要素を検討して提案したのが、写真のような横棒を並べた干し竿です。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する