FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

基本設計完了
外観模型作成後は断面や構造の検討を進めます。断面や構造はこの時点から始めるのではなく平面計画と並行して進めています。
その他、外壁や屋根の仕上げや開口部の種類、室内では仕上げ材料なども決まってきます。
仕上げ材料の種類なども決まると、概算予算の提出を行い打合せを行います。

平面、外観、各部の仕上げなど決まり、この計画で進める事になると基本設計完了になります。
基本設計完了時には配置・平面・立面・断面などの図面の他、設計打合せ記録や概算予算書などまとめて完了報告書を提出します。
また、基本設計時には室内まで見る事が出来る模型を作製します。

南東_R

東側外観です。
低い軒先の屋根がガレージまで伸びて軒の長さが出ています。
ガレージからポーチ、玄関部分は梁の高さを一段低くした梁組です。
同じ梁の高さにすると下屋の水上部と主屋根の軒下が重なってしまいます。重ならないように主屋根を高くする事も出来るのですが、吹く抜けロフト部分の小屋組みが高くなり、2階建てと同じようになっています。
住宅部分の主屋根はそのままにし、ガレージ部の梁を出来るだけ低く抑える事にしました。
これにより、軒先が低くなる事でバランスの良い外観になります。
ポーチ軒先をなるべく低くすると、訪れた方に威圧感を与えないようになり、優しい外観になります。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/2900-1367d573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)