FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

クローゼット・収納室
IMG_8443_R.jpg

2階には8畳寝室の他、3畳のホールと6畳に押入れが付いたクローゼット兼収納室が有ります。
クローゼットをどこに配置するかは建て主さんの考え方によります。
日常の動線や使い勝手を優先して、1階脱衣室の近くに配置する場合や玄関から脱衣室までの間に配置する場合が多くあります。

金山の家の建て主さんは、衣類に生活の匂いが付くことを避けたいと言う希望から、区切られた2階の1室をクローゼットとしました。
衣類収納は可動式のハンガーパイプや可動収納棚で対応します。
フレキシブルに対応できるようにしておくと、後々居室として使用する事も出来ます。

IMG_8438_R.jpg

クローゼット・収納室には布団収納のための押入れが有ります。
寝室に布団収納場所が無いためこちらを使用します。
寝室はベットのため、毎日布団を収納する必要はありません。
夏冬の入れ替えの時に寝具の出し入れするようになるので、寝室になくても近くにあれば大丈夫です。
また、気密断熱の良い家は急激な外気温の変化が室内ではそれほど影響が有りません。

押入れの建具をどうするか打合せしました。
建具を入れても湿気が溜まらないように開放しておいた方が良さそうなのと、クローゼット・収納室全体が収納のための部屋と考えれば、建具は無くても良いのではないかと言う事になりました。
また、建具を付けない事でその分のコストを他に回せます。

IMG_8431_R.jpg

入り口建具を開けると寝室までつながります。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/2982-e1c90100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)