建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

外観3
IMG_5084西_R

西側道路北方向からです。
2階屋根がそのまま下がり1階の北側、水回りの部屋の屋根になっています。
通常の1階屋根の高さより少し高くなっているのは、玄関ポーチ屋根の水上納まりの関係から1階半ほどの高さになっています。
その半分の高さは、玄関・土間収納・脱衣洗面の吹抜けと2階から使用する小屋裏収納になっています。

北側屋根にはトップライトが2カ所設けてあります。
上の大きい方は寝室の一角の書斎にあります。書斎天井いっぱいに夜空が広がります。
また、寝室の風通しを兼ねて開放できるトップライトになっています。

下のトップライトは脱衣洗面吹抜け上にあります。
脱衣洗面は室内物干しも兼用しているため、採光を目的としました。

北東側隣地境界には板塀が回っています。
板塀は浴室の坪庭の目隠しと、エコキュート貯湯槽が目立たないようにしました。

IMG_0911_R.jpg

西道路側の1階開口部です。
右側が居間、左が厨房の開口部になります。
ここの開口部は椅子に座った高さで綺麗に見えるように、床から70㎝程度の低めの高さになっています。
夏になると開口部外に緑のカーテンが伸び、西日除けの涼しさと共に視線を防いでくれます。

生垣が途中で終わっていますが、左側の芝生庭は来客時の臨時駐車場代わりになる場所です。
常時は2台分の駐車場が玄関前に有りますが、長時間の来客時にはここに一台分の駐車スペースを設けました。
2+1台分の駐車場を希望されましたが、3台分を駐車スペースとして確保すると、どの計画案でも庭のスペースが小さくなってしまいます。
玄関前に2台と臨時用のもう1台は、道路からの外壁後退が2m以上離すこの地域の規定より道路側に空地が出た場所に駐車する事にしました。
敷地は北方向が広がっている台形のため建物配置は大変でしたけれども、2m以上の外壁線が北の方は広くなり駐車スペースを確保する事が出来ました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3008-6039121d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)