建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

屋根葺き 木工事:筋交い入れ、金物取付
DSC00275_R.jpg

屋根板金工事は、ゴムアスルーフィング葺きと軒先唐草取付から始まります。
ルーフィングは建て方後、木工事にて葺いた上に継手をずらして、屋根工事にて重ねて2重に葺きます。
ルーフィングの重ね寸法や留め付けなど確認します。

DSC00279_R.jpg

屋根はガルバリウム鋼板立平葺きです。
採寸後、メーカー工場にて屋根長さに成形された屋根材が搬入荷揚げされ、水上の折り上げ加工をした後に留め付けられます。
留め付けビスの位置や間隔なども確認します。
今日一日で平部分の屋根は葺き終わり、後日笠木や雨押さえなどの役物取付になります。

DSC00316_R.jpg

木工事は筋交い入れ、柱引き抜き耐力金物取付が終わり、間柱入れ、窓台取付に入ります。

DSC00290_R.jpg

筋交の位置や、断面寸法、筋交い金物の取付状況など確認します。
柱引き抜き金物は、図面の指定耐力以上の金物が取り付いているかどうか、留め付けビスの本数や留め付け状況など確認します。

DSC00284_R.jpg

2階床の水平耐力は厚物構造合板を使用します。
構造合板の種類、留め付け釘径や間隔など確認します。

11/2に住宅瑕疵担保保険の軸組検査と県産材補助金の現場検査を受けます。
また、屋根葺きが終わるので、屋根上足場と濡れ縁内の足場組立予定です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3025-fe5b0f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)