建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

居間
IMG_9724_R_R.jpg

居間南側から厨房方向です。
居間は南に張り出した平屋部になっているため、天井は屋根勾配になりに南から北へ上がっています。
高くなった北側天井は2階子供部屋の腰壁あたりにつながります。

子供部屋と1階のつながりを持たせるために、居間吹き抜けに面して開口部を設けました。
居間からは子供部屋が見え、厨房にいても声が聞こえるように子供部屋との距離感を短くするようにしました。
つながる工夫をしておくと、1階と2階に分かれていても近くに感じお互いに安心感が有ります。

もう一つ、1階と2階をつなげる事により夏時期は風通しが良くなります。
冬は1階床下暖房の暖気が2階へ上がりやすくなり、1階と2階の温度差が少なくなります。

IMG_4914_R_R.jpg

居間は厨房を挟んで食堂とL型につながっています。
日常の動線の奥に位置しているため、家族がくつろぐ落ち着いた場所になっています。

居間の場所としての広さは10畳ですが、厨房食堂から畳の間へとつながり、さらにデッキまで含めると広い空間の中にある落ち着いたコナーとなっています。

IMG_9727_R_R.jpg

竣工当時の写真です。
入隅コーナーの障子を閉めると、さらに落ち着いた場所になります。

IMG_4955_R_R.jpg

ガラス戸を閉めた状態です。
居間から厨房を経て食堂につながります。

IMG_4951_R_R.jpg

入隅引き分けのガラス戸を開放したところです。
居間からデッキを通して食堂につながり、障子の奥の畳コーナーまでの距離が近く感じます。
デッキまで広がると外と中の境界が無くなり、開放感のある室内となります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3040-4fd380ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)