建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

和室2
IMG_9700_R.jpg

和室南側は1間幅の引き込み木製掃出し窓が有ります。
ペアガラスで高さ2.3mあるため相当重い建具ですが、居間の引き分け建具と同じ特殊な機構で軽い動作で開け閉めが出来ます。
正面にはデッキの隅に植えられた姫シャラの株立ちが見えます。
葉が混んでくる季節には窓一面に緑が映り、秋には紅葉を楽しめます。

IMG_9706_R.jpg

壁の中に入っている障子を引き出して閉めると和の雰囲気が強くなります。
障子もガラス戸と同じ大きさで、一人では持てないほどの幅が有ります。
大きな障子は製作も現場での建込みや調整も大変ですが、建て込まれると白い障子紙の壁面に桟が映え綺麗に見えます。

IMG_9820_R.jpg

夜間和室の照明を消し、ダイニング側の照明の明かりが障子を照らしぼんやりとした明るさの中に入ると、包まれたような不思議な感覚になります。
家の中に忙しい日常のひと時から解放され何もせずぼんやりとした時間を過ごし、心身をリラックスさせる場所と時間が有っても良いと思います。

IMG_9819_R.jpg

デッキ側の障子を開けるとライトアップされた植栽が絵画や映像の様に窓に浮かびます。
照明を落としゆったりとくつろぐ場所として、また雰囲気を変えて食事の場所としても活用できそうです。

建て主さんから新しい家でのイメージとして、休日には楽しくお酒を飲める、落ち着いてお酒を楽しみたいとありました。
ダイニングやデッキでの食事とお酒の他に、落ち着いた和室も大人の雰囲気があり一味違う楽しみ方になると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3048-3c2d09cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)