建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

1階トイレ
IMG_9470_R.jpg

1階トイレは2畳の広さがあります。
建蔽率から1階に入る最大の面積が決まり、その中から各部屋の広さが決まってきます。
当初の計画ではクローゼットなどの収納スペースを少しでも広く取れるようにトイレスペースは1畳で提案していましたが、建て主さんからトイレは広く設けたいと希望がありました。

面積の制限が無ければ広くなった分だけ増やせばよいのですが、建蔽率の制限から広くすると何処かを狭く計画しなければなりません。
簡単に部屋と部屋との面積の交換が出来れば良いのですが、全体の計画や動線、構造躯体などの問題がありそう簡単にはいきません。
1階の衣類収納を小さくし、普段使用しない衣類は2階寝室に洋服入れを作り収納する事と、衣類をあまりストックしない生活をする方向でトイレを広く計画しました。

2畳広さがあるので、トイレ内に手洗いを付ける事にしました。広い手洗いスペースを設ける事により来客が身だしなみを整える場所としての利用も考えられます。

手洗いカウンターは建て主さんが直接材木屋さんまで行って見つけた無垢一枚板です。
工事終盤の便器や手洗いが付いていない状態は、2畳の部屋に窓に面してちょうど机の高さに幅広の無垢板が取り付けてあるため、見学に来た親戚の方がここは書斎と思われたようでした。

手洗い正面に透明ガラスの大きな窓が有ります。
通常トイレは透明でないガラスを使用しますが、敷地東が貸駐車場であり遠方まで良く見える事から、将来貸し駐車場の用途が変わり建物が建つまではこの景色を取り入れようと透明ガラスの窓にしました。
手を洗う時に遠方の空が見えると気持ちが良いものです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3052-bb221ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)