建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

脱衣洗面・室内物干し
IMG_9447_R.jpg

脱衣洗面は3畳弱です。
弱というのは建蔽率と外壁後退線の関係で柱間を12センチ短くして面積を少なくし、建蔽率内に納める事と道路隅切りの外壁後退線に掛からないようにしたためです。

通路から入って右側に浴室、左側は手前から収納棚と洗面化粧台が並び、奥に洗濯機が置かれます。
脱衣洗面は北側にあり暗くなりがちのため、トップライトを設置し明るさを確保をしました。
吹抜けの天井上から明るい光が差し込み、快適な朝の身支度が出来ます。

IMG_9453_R.jpg

洗濯物干しは花粉症対策のため室内に干したいと希望がありました。
室内物干し室として専用に設けると、他の部屋にしわ寄せが来ますので兼用する事になりました。
どこと兼用するかは建て主さんの生活や考え方、間取りにより変わります。

Lがつなぐ家は洗濯機のある脱衣洗面を兼用する事にしました。
干す場所は洗濯機の上が邪魔にならなく作業も楽です。
ハンガーやピンチに下げる時は低い位置で作業すると便利なため、電動昇降式の物干し「ホシ姫様」を使う事にしました。

ホシ姫様の昇降距離は通常の天井に付けた場合を設定しているため、吹抜け天井のような高い天井には対応していません。
そこで、吹抜けに受け材を流し、埋め込み型のホシ姫様を取り付けました。
写真だと上部の吹抜けが分かりませんが、器具上のトップライトから日差しが入ってきます。

洗濯物の乾燥には通風が有効なため、風量の大きい換気扇を取り付けると共に、風呂上りの涼みが出来るように壁付の扇風機が取り付けられるようにしてあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3053-29620d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)