建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

天井断熱材張
DSC01355_R.jpg

木工事は天井断熱材工事に入りました。
垂木間に高密度のグラスウールを入れます。その下に外壁と同じ厚さのネオマフォームを張り上げます。

DSC01356_R.jpg

ネオマフォーム張り上げ後は、継手と端部に気密テープ張を行い、気密を確保します。
その後、断熱材受けの野縁をパネリードビスにて留め付けます。

DSC01359_R.jpg

1階床下は根太入れ前に、設備工事の給湯配管と給水配管工事、および床下暖房工事の配管を行います。
大工さんは天井の断熱材が終わると根太入れ工事に入ります。
根太入れは年末から年初めにかけて行う予定です。

DSC01362_R.jpg

外部は左官工事、軽量モルタル下塗りが進んでいます。
今週前半に塗った壁面は白く乾燥しています。
今日塗った壁面は水分があるため、濃いグレー色になっています。
数日経過すると乾燥が進み同じ色になります。
外部左官工事は年内に軽量モルタル下塗りを完了させます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3071-99f3d7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)