建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

デッキ2
IMG_5332A_R_20160112160935b1a.jpg

南道路からの夕景です。
道路側の生垣が成長し、道路からの視線を程よく遮ります。
塀でがっちりと囲い遮断するのではなく、庭やデッキに出ている時に声をかけやすい程度の緩やかな仕切になっています。

IMG_9831A_R.jpg

竣工時、デッキの夕景です。
デッキは梁を回すことにより、外部ですが室内的要素のデッキ空間を作ります。
梁は夏場、ゴーヤ朝顔の緑カーテンとしてネット掛けとして利用できるようにしてあります。
緑のカーテンを行わない時は、すだれ掛けとしても利用が出来ます。

デッキ内はすべて床板を張るのではなく、東南の角の空けてシンボルツリーを植える場所を作りました。
デッキの使用できる部分は減りますが、デッキ内に植栽が一本ある事により半室内の空間に自然を身近に感じます。
植栽がある事により、東側や南道路からの視線を緩やかに遮ってくれます。

室内からも直接隣地や道路よりも、中間に目が留まる所があると敷地外が気になりません。
また、夜間はライトアップをすると室内からの楽しみが一つ増えます。

デッキでの夕食やお茶、お酒など楽しむ場所として活躍しそうです。

IMG_5361_R.jpg

東の貸駐車場方向からです。
東側は視線を遮るように木製格子をデッキ先端まで回しました。
日中はデッキや室内はほとんど見えません。
夜間はデッキや室内が明るくなるため、見やすくなるのですが格子があるため見えにくくなっています。

将来、貸し駐車場が住宅になっても隣家からの視線を気にせず済みそうです。

IMG_5346B_R.jpg

南東側からの夕景です。

今回で「Lがつなぐ家」の設計から竣工までの過程を終わりにします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3089-5cb8d344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)