建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

計画案決定
計画案提出から建て主さんの検討を打合せを行いながら元に次の案作成に入ります。
C案を元にB案の玄関から親世帯の土間通路や、D案のキッチンとダイニングテーブルの関係、居間吹き抜け空間に階段を設ける動線などを取り入れた案を作成し打合せを行います。

IMG_6375_R.jpg

間取りがほぼ決まると外観検討模型作成に入ります。
アプローチ側からです。
手前が親世帯の寝室と居間、居間と2間続きに出来る客間が有ります。

IMG_6372_R.jpg

南正面からです。
玄関屋根は一段下げて親世帯棟と子世帯棟を分けました。
玄関の軒先を下げる事で威圧感の無いポーチが出来ます。

IMG_6362_R.jpg

北西側からです。
勝手口ドアの外に下屋を設け、生ごみの一時ストック置き場としています。
勝手口を出ると軒下になるので、雨の日でも濡れずに出入りが出来ます。
下屋がある事により、2階の大きな壁面が分かれバランスの良い外観になります。

IMG_6360_R.jpg

北東側からです。
間口11間半、奥行き4間半~3間半の横長の住宅になりました。
間口11間半というと約21mあり、ほとんどの部屋が南に面し日の当たる場所になります。

18年前に増築した建物を残した場合、このような計画にはなりませんでした。
すべて解体して計画を進める判断をされたから、日当たりの良い場所に計画できたと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3120-851e1aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)