建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

基本設計完了2
IMG_6876_R.jpg

基本設計完了時の模型、北西側からです。
北側に厨房食品庫からの勝手口が付きます。
勝手口外には下屋を回し、外に出た時に直ぐに雨に濡れないようになっています。
生ごみの一時ストック置き場として、特に雪の降り地方では軒下があると便利です。

IMG_6868_R.jpg

北側からです。
東の平屋と西の2階建の間には玄関が入ります。
くぼんだ所が坪庭になります。
坪庭は玄関入って正面になるため、坪庭を見せる開口部を計画します。
また、坪庭に面する食堂と客間からの開口部も、玄関正面の視線とは異なる視線で坪庭を見る事が出来るようにしました。

IMG_6864_R.jpg

北東側からです。
東側は親世帯寝室とクローゼットになるため開口部は少なくなっています。
土地が東に向かって上がっているため、隣地は一段高い所にあります。
上からの視線を避けるためもあり、開口部は少なくなっています。

IMG_6889a_R.jpg

基本設計模型は外観の検討だけではなく室内の検討が出来るように、屋根と2階床が取り外されるようになっています。
図面の平面では分かりにくかった、1階と2階のつながりや立体での検討が出来ます。
窓の位置や大きさ、各部屋のつながりなど分かるようになります。
また、外からだけではなく室内から見える景色など想像できるようになります。

基本設計が終わると実施設計図面の作成に入ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3126-c1ac3318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)