建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

建て主珪藻土塗り
DSC06429_R.jpg
建て主珪藻土塗り工事です。
来訪者の目につかない子供室や寝室の壁を建て主さんが仕上げます。
まずは基本動作の珪藻土をコテ板からコテへを乗せる練習を行いました。

DSC06435_R.jpg
採用した珪藻土は下塗り、上塗りの二回塗りを行います。
つなぎも自然素材の珪藻土のため施工がやや難しい材ですが、珪藻土としての性能のよい材です。

左官職人さんの下こすりをしながら塗り方やコテさばき、木部との取り合い等の注意点を確認していきます。

DSC06444_R.jpg
下塗りが乾かないうちに上塗りを行います。
アドバイスを受けたり質問をしながら塗り進めていきます。

DSC06454_R.jpg
次の区画に入ると大胆にコテを動かしスムーズに珪藻土塗りが進みました。

DSC06461_R.jpg
壁の上部の左側から塗っていくため、右端部や下部はどうしても塗りづらくなります。
左からコテを運びますが、右端部では返すように右からもコテを動かします。
右下は難関作業です。

DSC06463_R.jpg
最後に珪藻土が乾かないうちに養生テープをはがし、木部との取り合い箇所を仕上げを行います。
力を入れずにコテを動かし四辺を仕上げていきます。

珪藻土塗りは仕上げ作業のため緊張もしますが達成感のある作業になると思いますので、家づくりを楽しみたい方にはお勧めです。

建て主さんもお昼休憩前にすでに珪藻土塗りを終えた吹抜けや居間周りの仕上げを見てプロの技術のすごさを改めて感じていらっしゃいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3317-0a1fa8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)