建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

厨房
IMG_2192_R.jpg

食堂から見たキッチン方向です。
キッチンは居間側に向き食器棚が背面にあります。
キッチン奥の引き戸を開けると食品収納庫と勝手口につながります。
食器棚には普段使いの食器と使用頻度の多い調理用具が入り、食品のストックや来客用食器、使用頻度の少ない長期器具などは収納庫にまとめて入れます。

IMG_2199_R.jpg

キッチンと食卓テーブルの関係は居間への通路を挟んで平行に並びます。
大家族のためキッチンから食卓テーブルが近い方が動きやすく、配膳や片付けが楽になります。
また、調理作業の一部をキッチンではなく食卓テーブル上も使用でき、一緒に並行して作業が出来ます。

IMG_2194_R.jpg

キッチンと居間の掘りごたつテーブルの関係は対面式になっています。
来客時の接待は掘りごたつテーブルで行うため、お茶出しなどは対面式キッチンと同じような動線となります。

また、親せきが集まる時の食事は食卓テーブルと居間堀こたつテーブル両方を使い一緒に済ませることが出来ます。
その時でも、両方がキッチンからの動線が近いため配膳・片付けが楽にできます。

IMG_2227_R.jpg

キッチン正面から居間方向です。
今までのキッチンは、家族の集まる居間食堂から離れていて、食事の準備や片付けを離れて行わなければならず、孤立感の強い厨房でした。
新しいキッチンは脇を見れば食卓テーブル、正面には家族の集まる居間、外を見れば庭と農作業倉庫が見え家族の動きが良くわかります。
また、居間吹き抜けを通して2階ともつながるため、キッチンに立つと庭を含めて家中が把握できる中心的な場所になっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3369-c9f8ce5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)