建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

食品庫
IMG_1989_R.jpg

キッチンのすぐ隣に幅0.75間、奥行き1.5間で広さ2.25畳の食品庫があります。
既存の住まいを訪れた時に、居間の北側にある納戸の床に食品や飲み物のストックが所狭しと置かれていました。

大家族である事と農繁期にはまとめ買いをするために、食品のストック場所が多く必要とわかりました。
同じように広い場所を取ってしまうと、床に置き始め通路が狭くなり、広さの割には収納量の少ない場所になってしまいます。
そこで壁一面に収納棚を設けストック場所としました。
長さ約2.6m奥行0.44mの天井まである収納棚は、多くの食品や飲料水、調理家電や食器などの収納になり、今まで一部屋使っていたのが全て収納できました。
また、棚に収納することにより一目であるのか分かり、探す時間が短縮されたとともにしまい忘れがなくなると思います。

IMG_1992_R.jpg

建て主さんから生ごみの処理は敷地北側に持っていくため、キッチンから北側に出る動線を希望されました。
ちょうどキッチン脇に食品を設けたので、食品庫に勝手口ドアを設けそこから出入りとしました。
勝手口外には下屋を回し、雨の日でも出入りが楽なようにしてあります。

勝手口と反対方向は通路への引き戸があり、厨房と通路への動線にもなっています。
キッチンから水周りの部屋へ行くときは、居間を通らなくても食品庫を通り近道が出来ます。
キッチンの周りをぐるっと回れるのは家事動線としても便利になっています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3370-75f76109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)