建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

脱衣室
IMG_1961_R.jpg

建て主さんからの希望で、外から直ぐに脱衣・浴室へ行けるようにしたいとありました。
使用頻度を聞いてみると、外での農作業の日は必ず早朝や午前の農作業後にシャワーを浴び着替え、午後の作業に向かうそうです。
農作業後脱衣への動線をどのようにするか最初の計画から検討しておかなければなりません。
玄関に近い位置脱衣を配置しても、汚れた服装で玄関を通るには毎日の掃除が大変になります。
外部より直接脱衣に入れる動線を確保した方がよさそうです。

全体計画として浴室は北側に配置されそうです。浴室の隣が脱衣室になるので、農作業倉庫に近い位置に脱衣室を配置しました。
外部から脱衣室へ直接は、寒冷地の寒さ対策や日常の動線が脱衣経由になると支障が出そうなので、室内物干し室と第2の勝手口を兼用した部屋を通ることにしました。

写真は農作業倉庫から勝手口ドアを開けたところです。
引き戸の先が脱衣室、そのまま真っすぐに浴室になります。

IMG_1960_R.jpg

浴室側からです。
脱衣室から、室内物干し兼用の勝手口を通り、ドアを開けると農作業倉庫へ直ぐに行けます。

IMG_1980_R.jpg

脱衣室は約2.5畳の広さです。
通路から正面に洗濯機置き場、脇に収納棚を設けました。
収納棚の中間は、家族分の引き出し数がある既成の衣装ケースを探してもらい、その大きから決めました。
家族分の引き出しを作るとなると工事金もかかる事や、引き出しの厚さや枠の厚さを考えると収納量が少なるなる事などから、既製の衣装ケースで対応することにしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3379-30e137ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)