建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

キャットウォーク
IMG_2078_R.jpg

居間吹き抜けは6畳の広さがありますが、南側の2畳分はキャットウォークになっています。
キャットウォークは南面にある引違窓の開閉と掃除用に設けました。

暑い時期でもエアコンに頼らなくても過ごせる地域のため、窓を開けてなるべく風を通すようにしました。
居間上の窓を開け、風を通すと家全体の暑くなりかけた空気が吹き抜けに集まり抜けていきます。
窓を開けたままでも雨の吹き込む心配がない開口部は開閉のため、日常行き来が出来るようにキャットウォークを設けました。

床のある通路ではなく、格子床のキャットウォークとしたのは吹き抜けからの明るさを少しでも居間や厨房に届けたかったからです。
格子は半分以上の開口部としないと床とみなされ床面積に入るため、空いている部分が少しだけ広くなっています。
大人の足では3~4本に足がかかるので普通に歩けますが、小さなお子さんの場合慣れるまで少し勇気が必要です。

IMG_2387_R.jpg

夜間は格子から漏れた照明が壁にきれいな模様を作ります。

キャットウォークは階段の途中からと子供室からも行けます。
階段から2階通路を通り、子供室を抜けキャットウォークを回ると一周できます。
お子さんが小さい頃は、少し冒険心のある遊び場所になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3411-d06a7b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)