建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

坪庭
IMG_5437_R.jpg

玄関を入ると正面窓の向こうに坪庭が広がります。
アプローチから玄関までは農作業倉庫への出入りや、車の旋回スペースのため庭の場所がほとんどとれません。
玄関のある南側は庭を造り落ち着いた場所というよりは、農作業の延長の場所として活動的な場所です。
そんな動きのある場所から玄関を入ると、正面にしっとりした静けさを感じる場所が待っています。

玄関での立ち話やベンチに腰掛けてのお茶飲みなど、坪庭を通して自然を感じられる場所になっています。

IMG_5514_R_20161205085807acb.jpg

玄関から靴を脱いで床に上がると、坪庭を上方から見ることができます。
北側のため、日陰に強い植物と石組みで構成されています。
家の中にいて外を感じられる場所があると生活の楽しみが増えてきます。

坪庭は玄関からだけではなく客間からは雪見障子を通して、食卓テーブルからは正方形の窓から植栽が見え、3方向らの楽しみ方ができます。

IMG_5523_R.jpg

昔使っていた石臼を使いました。
ビー玉は建て主さんが犬走コンクリート打設時に埋めた残りを使いました。
造園業者さんと建て主さんの遊び心が出ています。

IMG_5520_R.jpg

竹垣の向こうには以前の建物の防風林を兼ねた樹木がありました。
樹木をそのまま残し坪庭の景色としたことで遠方とのつながりが出来、遠くの山々まで含めた広がりが出てきます。

IMG_2285_R_2016120510030731e.jpg

アプローチ道路からの夕景外観です。
温もりのある明かりが出迎えてくれます。

IMG_2296A_R_201612051003095a3.jpg

南正面からです。
玄関を入るとライトアップされた坪庭が待っています。

今日で「やまの家」の設計から完成後までのお話を終わりにさせていただきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3471-93366e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)