建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

既存室内
既存室内です。

DSC01283_R_20170213085135b5d.jpg
玄関を入ると1間幅の廊下が伸びています。
南玄関なので、東側に居間があり奥に厨房があります。
西側は2間続きの和室になっています。

DSC01288_R.jpg
廊下から居間や二間続きの和室に入るには12㎝の段差があり、毎日の生活では段が不便になっていました。
通路の手摺は以前祖父がトイレに安全に行けるように取り付けられましたが、現在は使用していないとの事でした。

既存広縁
玄関から西を見ると4.5尺幅の広縁になります。
来客は広縁を通って2間続きの和室に入れます。
広縁先にはトイレがありました。
来客には近くて便利な場所ですが、各寝室からは遠く不便でした。
また、家族が多いので1ヵ所では朝の忙しいときは混雑したと思われます。

DSC01290_R_20170213085814555.jpg
玄関は南に張り出し、土間部分で2.25畳の広さがあります。
下足入れが廊下兼ホールから3尺ずれた場所にあるため、靴の出し入れは一旦すのこに乗って行っていました。
また、家族が多いので下足棚にはすべての靴が入らずに土間に出ていることが多くあり、玄関の整頓もしたいと希望がありました。
その他、お子さん達が少年野球を行っているので、シューズや道具など収納できる場所があったら便利と思われました。

既存の家では玄関から伸びる廊下と広縁の占める面積が多く、普段生活する場所に比べ動線のためだけの場所をなるべく少なくしたら、既存の建物内でご家族の希望が入る計画が出来るような気がしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3540-2b2e093a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)