建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

玄関ポーチ
DSC01338_R_201702250821522b4.jpg
既存玄関は幅1間半、奥行き4.5尺張り出して入母屋の形状になっています。
軒先が母屋と続いているため、玄関引き戸から高い位置にあります。軒の出は3尺ありますが、高い位置のため玄関引き戸まで雨が当たります。
雨の日に傘をさす、たたむ動作を引き戸を開けると同時に行わなければならずせわしない動作だったと思われます。

既存建物の外壁は内法から上が真壁でその下が大壁になっていました。
玄関周りだけは腰にタイル張り、その上から真壁になっていたため吹き込んだ雨が大壁になったタイル上部から侵入し柱や土台を腐らせる原因になったと思われます。

IMG_4666_R_20170225082149af2.jpg
玄関部分は柱張りの取り換えを行い、ポーチの屋根を新設しました。
ポーチ屋根が出来たことにより、雨天の日に慌てることなく傘の用意が出来、帰宅時もポーチで傘をしまえるようになりました。
また、玄関先に低い軒先が出来ることにより、訪れた方に威圧感なく優しい感じになりました。

DSC01335_R_20170227090017003.jpg
リフォーム前庭側から見た玄関です。

IMG_4672_R.jpg
ポーチ屋根を新設したことにより軒先に陰影が付き、和風庭園に合うしっとりとした玄関になりました。
また、玄関前の床が御影の磨きだったため、雨の日は滑ることもあったと思われますが、屋根がかかることになり滑る心配もなくなりました。

既存玄関屋根上にあったBSアンテナも今回のリフォーム工事で移設しすっきりとした外観になりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3555-07a84fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)