建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

勝手口、外物干し
IMG_2807_R.jpg
今回のリフォーム工事で増設した食品庫兼勝手口と外物干しです。
建て主さんから雨が降っても心配ない物干し場の希望がありました。

既存の住まいでは比較的日当たりが良く風通しもよい建物西の軒下と、西にある蔵の南が物干し場になっていました。
蔵の南は屋根がなく、軒下も風があると吹き込まれ急な雨には対応できない場所でした。
また、脱衣室にあった洗濯機から洗濯物を抱え、玄関から庭を通り物干し場までもっていく作業も動線が長く大変でした。
お子さん達が活躍している少年野球のユニフォームの洗濯も多く、広い場所と急な雨でも心配ない物干し場を希望されました。
それと、少年野球後に汚れたユニフォームまま浴室へ行くので、脱衣室の近くに出入り口があったら便利という事でした。

リフォームでは建物西側に水回りの部屋を配置しました。
これは東側からのアプローチであることと、西に既存の合併浄化槽が設置されていることから、プライベート感が強い水回りの部屋を西に配置しました。

キッチンが西に配置されたことにより、勝手口を兼ねた食品庫を増築しました。
勝手口から入ると近くに脱衣室があり、帰宅後玄関や居間を通らずに脱衣室・浴室へ行くことができます。

増築した勝手口は既存母屋から下屋のようになっています。
今回のリフォームでは気密断熱性能の良い冬暖かく夏涼しい家づくりといましたので、寒い時期どの部屋でも暖かい(寒くない)場所になります。
そうすると、野菜や果物の保管に涼しい場所がほしくなります。
食品庫は既存建物で断熱気密を確保した外側に設けるようにしたので、比較的涼しい居場所になり食品保管としてよい場所になりました。
また、食品庫が勝手口からの出入りに対し風除室の役割もするため、出入りごとに寒い空気が入る心配もなくなりました。

IMG_2806_R.jpg
軒下の外物干し場所です。
洗濯機から近い場所になり洗濯物を干す、取り込むの作業が依然と比べ楽になりました。
また、西側に配置され来客から見えない位置のため気を使わなくて済みます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3561-fe0cfda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)