建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

居間
IMG_2865_R_2017031808561933e.jpg
居間夕景です。
日が落ちると室内照明の落ち着いた空間になります。
キッチン右奥には勝手口兼用の食品庫への入口サッシが黒っぽく見えます。
食品庫は母屋気密断熱の外に計画したので、出入り口の建具は気密の良い外部用サッシとしました。
食品庫からさらに勝手口ドアを開けると屋根のある外物干し場所になります。

IMG_2988_R.jpg
夜間はサッシ上部幕板の裏からロールカーテンが下がります。
開口部の遮蔽は一般的なカーテン、ロールカーテン、プリーツカーテン、ブラインド等あります。
設計時にある程度決めていただき、機種にあった取付方法を設計に反映させます。
ロールカーテンなどの収納時に上部に集まるものは、日中開けているときに見えないように幕板を設けて収納します。
こうすると、日中はカーテン等の存在が気にならなくなりますし、ほこりも付きにくいため汚れにくく長持ちすると思います。

IMG_2966_R.jpg
ご主人から腰痛持ちなのでどこかにぶら下がれる所を作ってほしいと希望がありました。
設計中にどこに取り付けようか検討していたところ、ちょうどよい場所がありました。

居間とキッチンの間に独立柱として残した、既存和室2間続きの広縁側にあった柱です。
この柱と窓側の柱に手摺に使用する集成丸材を渡し、ぶら下がり用の丸棒としました。
この場所はぶら下がりながらテレビを見られるため、居間でくつろぎながら腰を伸ばす運動が出来ます。

竣工後早速お子さんたちが鉄棒代わりに運動を始めました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3575-aff36dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)