建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

洋間
IMG_2689_R.jpg
居間の延長に8畳の洋間が北側にあります。
リフォーム後の生活ではお子さんたちの机が並び、学習の場としてまた遊びの場所として活躍しています。
子供室はこの他に約4畳の洋間が2室あり、お子さんが成長して集中して学習したい時が来た時、一人ずつ個室に机を移動します。
それまでは、家族の集まる居間の延長としての洋間が、お子さんたち皆で使用する場所になります。

お子さんたち皆が個室が欲しくなった時は、洋間を2つに仕切ると共に居間と仕切の建具が入れられるようになっています。
その期間はほんの一時かもしれませんし、仕切らずにオープンのままで過ごす場合もあります。
仕切ったとしても子供室の役割が終えた時には、居間の延長として広く使用することもできます。

DSC01317_R.jpg
リフォーム後は洋間になった既存和室の南側です。
壁の向こうは2間続きの和室になります。

リフォーム前はこの部屋が子世帯の寝室になっていました。
南が壁で北側に9尺幅の掃き出し窓があるため、夏は風通しが悪いため暑く、冬は北側の大きな開口部からの冷気の侵入で寒く、また結露も多かったようです。

IMG_2725_R.jpg

リフォーム後の同じ方向からです。
居間南の開口部からの風が北にある洋間の窓から抜けるので、以前とは格段に風が通るようになりました。
南に落葉樹を中心とした庭があるため、夏の暑い時期でも涼しい風が通り抜けます。
真夏の日中の暑い時期だけ居間のエアコンをつけると、居間の延長空間まで涼しくなります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3576-7286acfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)