建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

厨房2
IMG_2782_R.jpg
キッチン奥から南の庭方向です。
既存床柱の手前に調理家電棚、奥は食器棚になります。
調理家電棚は上部棚にオーブンレンジ、下部棚は炊飯ジャー用に引き出して使用することができます。
食器棚位置はリホーム前は床の間だったので、幅1間奥行き半間の広さがあります。
食器棚の奥行きとしては半間は深いので、通常の食器棚の奥行き45㎝程度として手前に食器を並べられるカウンターを設けました。
食器棚扉は引違戸なのでカウンターに物を置いても出し入れは問題ありません。

IMG_2772_R.jpg
キッチンから居間と庭方向です。
リホーム前のキッチンは北の窓に面し居間側に背を向けての家事でした。
キッチン幅と同じ長さ1間半の開口部がありましたが、単板の型ガラスのため外部が見えるという事もなく冬季は冷気の侵入口で寒い場所でした。

リフォーム後は南の大きな開口部から主庭を眺められる位置にキッチンを配置し、暖かく景色の良い場所で家事が出来るようになりました。
キッチンに立つと庭から室内全体を見渡せる場所になり、家族の様子など見ながら家事が出来るので、以前の孤立感はなくなり楽しみながら家事ができる場所になりました。

IMG_2747_R.jpg
キッチン北側には東西に延びる通路があります。
通路を奥に行くと正面にトイレ、通路より北側に寝室と子供室が並びます。南は親世帯寝室とサブの居間があります。

リフォーム前は動線が交差していたり、曲がりが多く効率的ではありませんでした。
リフォーム後は真直ぐな動線を通し、そこから南北の部屋へ行けるようにしました。
各室から出て真直ぐな通路を歩くと目的の場所、入り口に付けるので、角でぶつかるという事もなくスムーズな移動が出来ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3582-32853bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)