建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

トイレ
IMG_2509_R.jpg
平屋ですがトイレは2ヵ所設けました。
一つは居間から近く北西側水回りの一角に、もう一つは東の寝室の近くです。
トイレ前を右に進むと親世帯寝室、左は子世帯寝室があり左手前には子供室が並びます。
家族が多いので2か所のトイレは便利ですし、親世帯寝室の隣にトイレがあると安心です。

リフォーム前は南西の角にトイレがあったので、一番遠い室からは厨房を通り通路を玄関前まで進み、広縁を西まで片道約20mを歩きます。
冬季の夜間は暗く寒い場所を長く歩くため大変不便でした。
リフォーム後は寝室や子供室から近く、また通路も暖かいので真冬でも快適です。

IMG_2505_R.jpg
トイレ内は腰壁に杉板張り、上部壁は漆喰塗り、天井は杉板張りとしました。
便器前には立ち上がり用に縦手摺を設けました。

トイレ位置はリフォーム前は押し入れだった所です。
入口側幅3尺の両側柱は主要な梁を受けているためそのまま使用することにしました。
入口建具は柱間に開き戸にすれば簡単ですが、なるべく引き戸にするために引き戸位置を柱内側にずらしました。
建具位置をずらした事により、引込側の収納壁位置の移動等図面の段階で納まり詳細を検討し片引き戸になりました。
新築であれば柱の位置は自由にでき片引き戸も簡単ですが、リフォーム場合既存柱の位置により柱の内側か外側に持ち出して建具を入れる納まり詳細を検討しなければなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3595-c54c236c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)