建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

子世帯寝室
IMG_2513_R_20170417084502cbf.jpg
子世帯寝室は6畳の広さです。
東と北に腰窓があり通風や明るさは申し分ありません。
窓からの景色も敷地が広いため、敷地内の竹林が遠方に見え周りからの視線も気になりません。

6畳にベッドを入れるため、ベッドボードのないマットレスだけのベッドを購入してもらうようにしました。
そのためベッドボード代わりの杉板を腰壁に回しています。
コンセントやスイッチ位置などもベッドを置いた位置から設置場所や高さを決めています。

DSC01269_R.jpg
リフォーム前は厨房から出入りする和室6畳でした。
東に掃き出し窓、北に腰窓があり床面積に比べ窓面積が多い部屋でした。
単板ガラスのため冷気の侵入で寒い部屋だったと思われ北窓は雨戸が閉められている状態でした。
また、断熱性能が悪く結露によるカビのしみが多くみられました。

IMG_2522_R.jpg
リフォーム後は家全体を高断熱高気密で囲ったので、北側の部屋でもあまり温度差が無く過ごせます。
開口部の断熱性能も上げているので、結露の心配もほとんどありません。

寝室入り口側です。右の開口部はクローゼットへつながります。
クローゼットの仕切りは寝室内からの出入りのため、ほとんど閉める事はないだろうと建具を付けませんでした。
常時開放していることで空気が回り湿気が溜まるのを防ぎます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3597-f77cce81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)