建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

敷地を訪れて
今日から一昨年春に竣工しました「三重奏の家」が建て主さんの希望・要望と敷地や周辺の環境から、どのように設計が進み竣工したかを順次UPしていきたいと思います。

道路東
設計の依頼を受けると敷地調査に伺います。
「三重奏の家」の敷地は区画整理地域内の分譲地の一角です。
アプローチ道路から敷地方向です。

手前には同じ分譲地に建売住宅が建てられています。
これは、不動産会社が分譲地内のモデルハウスを兼ねて造成後直ぐに建てた住宅です。

DSC00948_R.jpg
アプローチ道路西側からです。
周辺は住宅や店舗などが建ち始めた状態です。
設計が始まったころの敷地周辺は空き地が多く開放的に見えますが、発展性のある便利な場所のため近い将来には家が建ち並ぶと予想されます。

敷地北
敷地北西側からです。
手前には南北に細長い敷地があり道路となります。
敷地東側には同じ分譲地内に2軒並んでいます。

北
敷地北側からです。
手前には1区画の分譲地があり、売れ残らない限りは住宅が建てられると予想されます。
西側の南北に細長い敷地もそのままの状態が続くことはなく、建物が建てられると思われます。
分譲地ではよくある敷地になり、3方が囲まれ南道路に面した方向が開放的になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3608-313bd132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)