建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

敷地から
南
敷地から南方向です。
南に6m幅の道路があり道路の向こう側も区画された造成地になります。
建物が建ったとしても6m幅の道路と敷地南の庭や駐車スペースを広く取れるため、南からの日差しは将来にわたり期待できそうです。
南東角に東電柱が立っています。電気引込はここからになります。
給水管と下水排水管は南道路に入っています。配管接続は今回工事になるため、南東側になるか南西側になるかは計画により変わります。

西
西側は分譲地区画の外にあり、南北に細長い造成地があります。
細長く東西の幅が無いため、貸し駐車場か小さな戸建て用の住宅用地と推察されます。
貸し駐車場であれば開放的に住めると思っていましたが、竣工間際に戸建て住宅の工事が始まりました。

北
北側は同じ分譲地内の区画のため、近い将来住宅が建つと思われます。
分譲区画がそれほど広くないため、駐車スペースを取ると広い庭は取れそうもありません。
建物がこちら側に迫ってくると予想されます。

東北
東側の北にある隣家です。
敷地境界近くまで建物が迫ってきいて圧迫感があります。
2間の隣家の間は遠方まで開放感があり風の通り道になりそうです。

東南
東側の南にある隣家です。
敷地が狭いため西側隣地境界に近く2階建てとなっています。
2階の窓は子供室予定かなと思われます。
隣地直ぐの開口部でも透明ガラスのため、お互い気にならないような窓の位置を計画する必要がありそうです。

建売や分譲地の住宅は必ず隣家が建つ事を考えないで、間取りや開口部の位置、大きさやガラスの種類を決めているようにお思われます。
間取りを決める時に、室内の部屋の大きさや動線だけにとらわれずに、周囲の建物や周辺の環境に対してどのように計画すればよいかを考えながら進めています。
隣地に建物があれば開口部の位置や種類なども分かりますが、空地の場合これからどのような建物がどの位置に建てられるだろうと予想して計画を進めます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3609-eec3979a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)