建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

基本設計模型3
IMG_9279_R.jpg
北西方向からです。
西側には平屋部分が2棟あります。
北側に張り出しているのが寝室とクローゼット、北から西にかけて浴室・脱衣洗面と室内物干し室になります。

共働きのため室内物干しの場所は決めて計画した方が、生活を始めてから干す場所がなく、日当たりの良い居間窓側に洗濯物が下がるような事は防げます。
計画にもよりますが、室内物干し室を専用とする場合と他の部屋と兼用する場合があります。
専用とする場合や物干しが主の兼用の場合には、洗濯機を室内物干し室に置くことが多くあります。
洗濯機からそのまま干せて便利です。

IMG_9280_R.jpg
一般に分譲地の場合、分譲区画数を多く取るために東西方向が狭く南北に長い敷地の方が多くなります。
三重奏の家の場合、2区画を購入したのでさらに南北方向が長くなった敷地です。
希望の各室を計画していくと、南に配置された部屋や続きの部屋はまだ明るく風も通ると思われるのですが、さらに北側の部屋は東西方向の開口部からの明かりになります。
分譲地の場合、東西方向は隣家が敷地いっぱいに建つため窓を開けると隣家の壁や開口部になるため、だんだんと開けなくなり通風なども期待できなくなります。

そこで、中間を開けて北棟に採光と通風を確保することにしました。
開けた場所は見るための庭ではなく、厨房からの近いことからサービスヤードになります。
ここは室内物干しの南に当たるので休日の晴れた日の外干しやごみの一時置き場になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3617-608c8613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)