建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

基本設計模型4
IMG_9295_R_20170601103021e40.jpg
西側道路方向からです。
南西に張り出している平屋部分は、母親スペースと玄関になります。
母親スペースは居間と寝室の二間続きの部屋になります。
玄関から直接入れる居間と奥に寝室があり、寝室から近いところにトイレを設けています。
寝室には小さな流しと冷蔵庫置き場があり、その他に洋服入れと押し入れの収納があります。

遠い将来、この二間がどのように使用することになるのかについて、ある程度検討しておくことも必要になります。
客間として利用することや、ご夫婦の寝室になることもあります。
玄関から家族のスペースを通らずに入れるので、起業した場合に事務所として活用することもできます。
家づくりはこれからの生活をどの様にするかを中心に考えていきますが、遠い将来の変化にも対応できるように考えておきます。

IMG_9298_R_20170601103022a40.jpg
南西から南へ、玄関方向に近づきました。
玄関と母親居間南の濡れ縁は軒先が一段と下がっています。
下げる事により奥に見える2階まで伸びている屋根を低くすることができます。

2階部屋の梁下高さを検討しながら、玄関棟の軒先高さと屋根勾配の関係を決め、大屋根との重なりが現場で施工できるかどうかの距離を検討し各場所の高さや屋根の勾配を決めていきます。
この場所だけでなく、各室の窓や室内建具の高さ、天井の高さなどいろいろな高さを検討しながら断面と外観を決めていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3618-42eaf313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)