建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

計画案D
IMG_0472_R.jpg
計画案Dです。
この案は、A~C案と異なり、屋根が東西方向の大屋根です。
将来太陽光発電パネルを設置した場合、南向きの屋根に比べれば効率は落ちますが、大きく屋根をかける事や外観のイメージ、特に北側からの外観が奇麗になりそうなので提案しました。

IMG_0464_R.jpg
南東側からです。
東に出ているところが厨房になり、屋根が掛かっている南はデッキスペースになります。
厨房と食堂からデッキに出られ、BBQやお茶などに活躍しそうです。

IMG_0465_R.jpg
南西側からです。
南に食堂と居間、西側に水回りの各室を配置しました。
2階は西側に子供室、東に寝室があり東に下がった屋根裏は小屋裏収納になります。

IMG_0462_R.jpg
北西側からです。
北側に下屋を設けポーチと勝手口兼食品庫を計画しました。
勝手口兼食品庫は気密断熱の良い家では寒い時期に家全体が暖かくなります。
土物の野菜や果物など、以前の建物の場合ストーブを使用する部屋以外どこに置いても涼しく心配いりませんでした。
新しい家ではどの場所も暖かくなるので、涼しい居場所があると便利です。
ポーチと同じ下屋にすることにより、断熱区分を分けて計画しやすく暖房の影響を受けない場所が作りやすくなります。

IMG_0463_R_20170728082555145.jpg
北東側からです。
ポーチは実家がある西側から入り、スロープを上ると途中で玄関があり奥へ進むと勝手口入り口になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3656-9ba9f338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)