FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

ポーチ2
IMG_8905A_R.jpg
ポーチ入り口の袖にセンサーライト、表札、インターホン、郵便受けを付けました。
インターホンや郵便受けは建て主さんの考え方によって付ける場所が異なってきます。
インターホンの場合は、玄関先まで来客を入れるかどうかで決まってきます。
郵便受けの設置場所は新聞や郵便物を室内でとるか、外に出るかによっても変わりますし、外の場合は玄関近くか道路に近い位置によっても変わります。
「大きな輪の家」の場合は、ガレージから玄関への動線の途中にあるポーチ入り口の袖に設置しました。

IMG_8893A_R.jpg
上から表札、インターホン、郵便です。
表札は建て主さんが沖縄の陶芸作家に依頼したタイル状の焼き物です。
インターホン(TVホン)の配線は、柱間にポスト取付位置まで板壁を作りその中を配線しました。
郵便受けは設計時に外部用ポストの横幅寸法に合わせて柱位置を決めアキ寸法を決めておきます。
ポストを設置する時は木工事最後の頃になるため、ピッタリ入るかどうか心配しましたが柱の反りもなくピッタリ納まりました。

IMG_8892_R.jpg
ポーチ側からです。
前入れ後ろ出しの壁掛け独立型兼用のポストが柱間にちょうど良く入り、埋め込み型のようになっています。
新聞や郵便物はポーチ側から取り出せるので、ガレージから玄関までのの間に取り出しが出来ます。
また、ポーチ屋根下なので雨の日でも濡れる心配はありません。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3728-ec1dba31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)