FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

濡縁
IMG_7320_R.jpg
居間と子供室の南は長さ11m奥行き1.2mの濡れ縁が伸びています。
濡縁は室内と庭の中間的領域となり、外と内をつなげています。

IMG_7326_R_2018060508251618a.jpg
写真は11月の末、だんだんと太陽高度が低くなりこれから寒くなる時期です。
冬季は日差しが室内奥まで差し込み暖かい室内になります。
冬でも日差しがあると室内は暖房無しで快適な室温になり、夜間でも暖房を入れないで過ごす日もあるようです。

IMG_7407_R_20180605082517a34.jpg
高床の家は庭と室内の高さが約1.2mの差があるので、濡れ縁から庭へは階段を使います。
デッキの東端に階段を設け家庭菜園への行き来やごみの持ち出しに利用しています。
屋根下に入っているので、ほとんど濡れる事は無く傷みも少ないと思われます。

IMG_9833A_R.jpg
庭が完成した4月末の頃です。
植栽の緑が道路と濡れ縁の間に入り、外部との視覚的距離が一層とれるようになりました。

IMG_9836A_R.jpg
太陽高度が一番高い夏至に向けて日差しが室内に入らないように軒を出しています。
午前の早い時間は日が当たりませんが、午後になると濡れ縁までは日が差すようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tamkobo.blog.fc2.com/tb.php/3901-67ae4f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)