FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

雲梯と登り棒
IMG_9002A_R.jpg
建て主さんからの設計の希望・要望の中に、お子さんが遊べる場所、遊具を考えてほしいとありました。
両親からはお子さんが遊んでいる所が見え、お子さんから上達する姿を見てほしい場所として居間と畳コーナーの南側に雲梯を提案しました。
雲梯へは上る仕掛けが必要になります。
階段を下りて突き当りの壁に梯子を設けました。ここから登り雲梯へ移動します。
竣工したての頃は梯子から雲梯へ手を伸ばし、梯子に戻る動作がやがて足を離し少し移動するようになりました。

次に訪れた時には雲梯を移動し階段壁の丸太から降りてくるようになり、少しの間に上達し冒険をするようになっていました。
この丸太は階段から居間への移動の時に壁が汚れないように付けたのですが、雲梯から降りる時に使う事は予想できませんでした。
お子さんの想像力やたくましさはこちらの予想を上回り驚かされます。

IMG_9011A_R.jpg
雲梯の上り下りは梯子だけではなく一段上がった畳コーナーにもあります。
こちらは登り棒になっています。
登り棒の最初は途中までしか登れなかったのですが、上まで登れるようになっていました。
これから登り棒から雲梯へと移動が出来るようになると思います。

登り棒は縦手摺代わりにもなります。
畳から立ち上がる時に手摺があると体が安定します。
お子さんが大きくなって遊ばなくなっても、縦手摺として使用してもらえるように取付場所を考えています。

建具小窓
IMG_6560A_R.jpg
トイレや脱衣など小さな部屋の建具に夜間照明が点灯しているかどうか分かる小窓を付けることが多くあります。
部屋の中にいるかどうか、照明の消し忘れが無いかどうかなど小窓を見て分かるようになります。
水回りの部屋だけでなく、子供室や寝室も付ける場合があります。

IMG_6797_R.jpg
大きな輪の家では琉球ガラスの工房にオーダーで製作してもらいました。
暗い場所から見ると手作りガラスの波打っている模様が色ガラスを表情良くしてくれます。

子供室・書斎
IMG_6665_R.jpg
2階一番奥には4畳の子供室があります。
この部屋は2室に仕切ることが出来る子供室と異なり個室の要素が多くなっています。
お子さんが小さいときは、ご主人の書斎に使用する予定です。
お子さんが大きくなって集中して学習したい時期、個室の方が集中できる性格の場合、この部屋を子供室か学習室にする予定です。
それまでは書斎として使用し、また一時期お子さんが使用するとしても、その後また書斎として使用することになります。

IMG_6662_R.jpg
出入り口方向です。
珪藻土塗りの壁のため絵やポスターなど自由に貼ったり、小物を掛けたりが出来ないので一部の壁は杉板張りとしています。
杉板張りの壁ならば、テープや画鋲など自由に使えますし、釘やねじなど打ち込み小物など自由に掛けることが出来ます。

子供室
IMG_6711_R.jpg
子供室は将来2室に仕切れるように10.5畳の広さがあり、出入り口も2か所あります。
南側は通路があり通路の向こうは居間吹き抜けになるため、南からの直接採光はありませんが、北と東に開口部があるため明るい室内になっています。

北の部屋は寒くて居室には向かないと思われがちですが、高気密高断熱をしっかりした家では家の中の温度差がほとんどありません。
寒く、また暑くなければ落ち着いて学習するには北にある部屋の方がより集中できると思います。
また、完全に仕切ってしまうと空気が回らなく暖気や冷気が入って来ないため少し温度差が出てきます。
建具を閉めても空気が回るように梁上は壁を作らないで、居間吹き抜け空間が続いているようにしました。

IMG_6707_R.jpg
中央に並ぶ家具は2室に仕切る時に移動させて間仕切りとします。
一つは半分の仕切りで両方から使用する本棚、もう一つは片側から洋服かけや収納棚として使用し反対側は掲示用の杉板張りとしました。
本棚が1つ洋服収納が2つあり、3つ並べると梁下の仕切りになります。
お子さんが小さいときは壁に寄せて部屋を広く使います。出入口も2か所あるので子供室と通路を回って遊ぶことが出来ます。
小屋裏収納
IMG_6652_R.jpg
小屋裏収納は階段を上がった先にあり8畳の広さがあります。
場所は平屋部の寝室と通路やトイレ上になります。
1階に寝室を配置する場合、なるべく寝室上に子供室を配置しないようにした方が、音の問題など少なくなります。

小屋裏収納は天井の高さ1.4m以下、利用する階の床面積の1/2以下、開口部の大きさなど決められています。
季節の物や、年数回しか使用しない物の収納場所として確保しておくと便利です。
収納だけなので、床は構造合板表し、壁はボード表し、天井は化粧石膏ボードです。
床や壁は下地材の表しのため、釘やビスがそのまま見えますが物を入れると気になりません。