FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

建て方開始
DSC03450_R.jpg
土台伏せが先週に終わり、昨日朝から建て方になりました。
梁組が終わると柱の垂直を確認し仮筋交いを入れます。
仮筋交いは構造合板や本筋交い入れが終わると外されます。

DSC03464_R.jpg
垂木留付け作業です。
垂木留付けは全ての個所で垂木専用のタルキックビスを使用します。

DSC03478_R.jpg
午後からは時折小雨の降る中でしたが、作業は順調に進み夕方には垂木がかかりました。
垂木がかかると屋根の大きさが分かり、家の外観が分かるようになりました。
土台伏せ
DSC03428_R.jpg
土台伏せです。
土台材を番付を見ながら設置場所近くに配置します。
土台伏せの最初は基礎天端に墨を打ちます。
その後、防蟻テープを基礎天端に張り気密パッキン伏せてから土台伏せになります。

DSC03430_R_2018090713565949c.jpg
基礎天端に記した墨の線を基準にアンカーボルトの位置を土台に写します。
その後、アンカーボルト位置にドリルにて穴を開け土台を設置した後にナットにて留め付けます。

DSC03413_R.jpg
建て方に使用する材料も運ばれてきました。
9/10に建て方になります。

仮設足場設置
DSC03333.jpg
仮設足場設置工事を行いました。
建物位置・高さ、樋の場所などの注意点を事前に仮設足場業者さんへ書き込み図面を送り、
それに合わせて現場に足場を設置していきます。

DSC03341.jpg
現場にて再度、注意点やお願いしたい事柄を職人さんと打合せを行いました。
模型を持っていきましたが、これから建つ建物の形が立体になっていることで、
よりわかりやすいようでした。
外部設備配管
DSC03232.jpg
建て方前に外部設備配管工事を行いました。

DSC03242.jpg
排水経路の配管勾配を確保できるように、排水マス・管の高さを設置していきます。

DSC03248.jpg
基礎工事の埋め戻し高さの確認です。

外部設備配管後は、仮設足場工事を予定しています。
基礎コンクリート型枠解体
DSC03112.jpg
先週打設を行った基礎コンクリートの型枠が解体されました。
平均気温15℃以上のため、型枠の存置期間3日以上確保してからの解体です。

DSC03117.jpg
型枠解体後、掘削土の埋め戻しまでに基礎の出来高を計測します。

DSC03127.jpg
高さや幅を計測し、コンクリートの状態も確認していきます。

DSC03163.jpg
埋め戻し工事後は、外部の設備配管工事を予定しています。