FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

ラス板張り 換気ダクト取付 システムバス現場調査
DSC00056_R.jpg
外部は通気縦胴縁留め付けが終わり、ラス板張りに入りました。
屋根板金工事は破風板巻きに入っています。

DSC00073_R.jpg
ラス板張りです。
ラス板は5枚ごとに継ぎ手位置をずらして張り、躯体の動きが外壁に集中しないようにします。

DSC00070_R.jpg
ベランダ水切りと笠木板金工事が終わっています。
外壁に取り合いがある部分は水切りを先行して取付後にラス板張りになります。

DSC00071_R.jpg
内部はレンジフードの給排気管や換気扇の排気管の工事を行っています。
給排気管やスリーブなどの外壁に穴を開ける工事は、外壁左官下地のラス板張り前に行わないと、透湿防水シート周りの防水処理工事が出来なくなります。

DSC00054_R_20190709175957a18.jpg
システムバスの現場調査を行いました。
現場では納まり寸法の打ち合わせや、大工さんと床板の張りじまい寸法などの打ち合わせを行いました。
システムバス組立は床板張り後になります。
下屋、筋交い、窓台
DSC00001.jpg
大工工事が進んでいます。
ポーチ部分の下屋が掛かりました。
通気や雨仕舞などの打合せ事項は事前に済ませておきます。

DSC09976.jpg
筋交いが施工され、筋交い金物も設置されています。

DSC09977.jpg
サッシを入れるために窓台を準備していきます。

DSC00002.jpg
屋外の工事が先行し、外部が固まると室内の工事へと移行します。
2階手洗い
IMG_7745_R.jpg
2階居間の隅に手洗いコーナーを設けました。
トイレの手洗いと兼用になりますが、トイレ内ではなく外にあることで2階の手洗いとして利用できます。

トイレ内に手洗いを設ける場合と外に設ける場合がありますが、外にあると日常の手洗いなどに利用できます。
脱衣室を使用している時でも、ちょっと手を洗いたい時など気兼ねなく使用できます。

また、お子さんの友達が来た時に脱衣洗面に入らなくても、手を洗う場所があるとお互い気を使いません。

IMG_7746_R.jpg
手洗いカウンターの脇の引き戸を開けるとトイレになります。
トイレ前に手洗いを置き、居間との間にワンクッション設けることで、居間から見た時にトイレの存在を分かりにくくしています。

居間を中心にコンパクトな動線でまとめる時に、トイレや脱衣の入口が居間から直接見えないようにすると居間が広く感じると共に気を使わなくて済みます。

2階厨房-2
IMG_7897_R.jpg
厨房奥から入口方向です。
正面は奥行きの浅い収納になっています。
奥行きの浅さは収納の裏側に手洗いコーナーがあり、3尺奥行きの場所を手洗いの奥行きを55㎝残りの31㎝を厨房側から使用する収納としました。
仕切り壁を薄く仕上げることにより、有効奥行きの35㎝収納が出来ました。

IMG_7769_R.jpg
キッチンから居間方向です。
収納扉に白い部分があるのはマグネット用の掲示板として建具に組み込みました。
厨房近くに掲示板があると、行事書き込み用のカレンダーやお知らせ・お便りなど張っておけます。
場所は、毎日見るので見やすい所が良いのですが、来客多い家では居間やダイニングテーブルから見えにくい所など検討しながら決めていきます。
趣の家では2階居間まで通す来客は少ないとの事なので、使いやすく家族が良く見える位置としました。

IMG_7898_R.jpg
キッチンに立った時に見える景色です。
街中で高い建物が建てられる場所にもかかわらず窓からは遠方の景色が見え、調理の作業中でも気持ちの良い場所になっています。
また、2階のキッチンなのでカーテンを閉めなくても覗かれることはありません。
屋根下地工事
DSC09874.jpg
引き続き屋根下地工事が進んでいます。
垂木上にタイベックシルバーを敷き込み、その上を通気層を確保しています。

DSC09926.jpg
通気層の上は野地板の施工です。
野地合板を施工場所まで配る、仮止めする、垂木に止付けるための墨を打つ、本止めするなど
それぞれの役割を分担して、段取りよく施工していきます。

DSC09933.jpg
大屋根部分が整い、下屋根の下地工事へ進みます。