建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

基本設計模型
IMG_0982Ajpg_R.jpg
西隣のご主人実家から見える方向です。
西側の窓は西日の侵入をなるべく防ぐため、小さめの開口部としています。
また、天井に近い位置に窓を付けることにより、窓を開けたとしてもお互い視線が合わないように、また気を使わないようにしています。

IMG_0979A_R.jpg
道路を近づいてくると、だんだんと見えてくる外観です。
西側は隣家に隠れて見えないですが北側の下屋と奥の大屋根が見えてきます。

IMG_0975A_R.jpg
北正面からです。
道路から6m~南へ入った位置に建物が建ちます。
道路との間はアポローチ及び駐車スペースとして確保してあります。
右側の大きな開口部がポーチへの入口、左側の開口部は勝手口への近道になります。

IMG_0969A_R.jpg
南東方向からです。
東の開口部はキッチンと食堂の窓です。
キッチンの北側は勝手口兼用の食品庫があり、勝手口を出るとポーチ東の開口部から駐車場へと直ぐに行けます。

基本設計が完了すると実施設計図面の作成に入ります。
基本設計模型
IMG_0960A_R_20170804084853394.jpg
南東側からです。
南東には食堂と居間が並び、外側に奥行き1間、7.5畳の広さのデッキがあります。
デッキ上には大屋根が掛かっているので、小雨程度ならば食堂や居間の延長として使う事が出来ます。
東面の窓は食堂と厨房の窓があり、東方の景色が眺められます。

IMG_0955A_R.jpg
南正面です。
2階には子供室が並びベランダが出ています。
ベランダは子供室前だけではなく東へ1間伸びた位置まで計画しました。
子供室前だけでも使用するには問題ないのですが、東へ伸ばし奥行き1間のベランダ上に回り込むように取り付けたことにより、外観上バランスが取れると共に居間開口部の日除けの役目も考えています。

1階西側は寝室になります。
寝室南も奥行き3尺の濡れ縁があり、洗濯物や布団干しに役立ちます。

IMG_0987A_R_20170804084856e65.jpg
南西側からです。
西側にはエコキュート貯湯タンクと屋外機、床下暖房の屋外機とエアコンの屋外機が並ぶため、窓は比較的高い位置に設けました。




工事着工 地縄確認
今年3月に竣工したグループホーム、平屋棟の織音、2階棟のひとつ・ふたつ星の隣に同じ2階棟のみつ・よつ星の工事が始まりました。
同じ棟で、1階がみつ星2階がよつ星になります。

DSC09730_R.jpg
施工業者さんに地縄を張っていただきました。
今日は地縄の確認と設計GLの確認です。

DSC09726_R.jpg
既存建物からの離れや基準線の打ち合わせを行いました。

DSC09724_R.jpg
昨年度工事した既存建物のスプリンクラー位置は今回の建物位置から離れて設置されています。

DSC09731_R.jpg
着工に先立ち建て主さんと敷地の清めを行いました。
地鎮祭は昨年度3棟分の敷地をお祓いしたので、今回は工事着工前に建て主さんと施工業者さんとでお清めの儀式だけです。

基礎工事の着工は8月中旬からの予定です。
基本設計完了
計画案から建て主さんと打合せを重ね、間取り・外観や仕上げの仕様がほぼ決まると基本設計模型作成に入ります。

IMG_1000_R.jpg
模型上部から見たところです。
平面より屋根は軒の出が大きいため一回り大きく見えます。

IMG_0999_R.jpg
基本設計模型は屋根が取り外せて室内の様子が分かるようになっています。
2階は子供部屋が二つと小屋裏収納になります。
屋根の下がっている東側は天井裏の空間になります。
天井裏になる部分は居間食堂の上なので、吹き抜けにして2階子供室とつなげることが多いのですが、建て主さんから吹抜けは梁上に埃が溜まるので天井を張りたいと希望がありました。
吹抜けがない分小屋裏収納の位置が自由に取れ、天井高さも規定の1.4m、床面積も規定いっぱい取れました。

IMG_0998_R.jpg
2階の床を取り外すと1階が見えます。
模型で見ると図面上で検討していたことが、立体で見えるのでよくわかります。
室内から見た開口部の位置や大きさなど平面では分かりにくいところが分かるようになります。
間取りが決まりました2
間取りがほぼ確定後の模型です。
外観模型は間取り図では分からない屋根の大きさや形、開口部の位置や大きさなど理解するのに役立ちます。

南東_R
南東側からです。
計画案Dで提案した広いデッキは残したいので、居間食堂前の屋根付きデッキを計画しました。
デッキからも東方向の景色が見えます。

南西_R
南西方向からです。
2階の子供室は両方の部屋共南に面しているのでベランダを設け掃出し窓としました。
ベランダがあることにより、夏季1階窓の日よけになります。

北西_R
北西側からです。
道路を挟んでコンクリート工場があるので、砂ほこりと視線除けでポーチに壁面を計画しました。
西側よりアプローチすることにより実家とのつながりも考慮しました。

北東_R
北東側からです。
この案に決まる前に奥様から「車から直ぐに勝手口に入れる通路が欲しい」と希望がありました。
当初は西側からスロープを上り玄関へ、玄関を通り越して勝手口への動線を考えていたのですが、駐車スペースから階段を一段付けて勝手口へ行ける近道を作りました。