FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

左官工事:ラス網張り 木工事:床板張り 設備工事:室内配管
DSC04648_R.jpg
外部は左官工事、軽量モルタル下地の防水紙付きラス網張りが進んでいます。
来週後半に軽量モルタル下塗り予定です。

DSC04650_R.jpg
室内木工事は床の桧厚板張が進んでいます。
桧床板張り後は畳下地の床に進みます。

DSC04656_R.jpg
設備工事は床下配管が進んでいます。

DSC04654_R_2018110913250903d.jpg
給気口や排気ダクトの工事も終わっています。
外部ラス網張り前に給気口や排気口の外部防水処理を行っておきます。

子供室
IMG_8005_R.jpg
子供室は1階の北側になります。
幅1間、奥行き4間の8畳の広さを将来2室に仕切れるように出入口が2ヵ所設けてあります。

IMG_8010_R.jpg
中央に柱型のように囲ってるのは、2階の給排水管のパイプスペースになります。
2階に厨房や浴室などの水回りの各室が集まると、給排水管の給排水管のパイプスペースが何ヵ所か必要になります。
特に排水は横引き管を長くしない方が良いため、排水箇所の近くにパイプスペースを確保します。
またが配管の径や曲がり、勾配により梁寸法や天井懐との距離が問題になるので、パイプスペースの位置は慎重に選びます。

IMG_8011_R.jpg
通路側引き戸です。
中央の付け柱は2室に仕切る時に塗り壁を傷つけないように予め取り付けておきます。

IMG_8013_R.jpg
北の開口部側です。
2室に仕切る時はパイプスペースの囲いの所になります。
将来2室に仕切ることが出来る子供室は、再度広い1室の戻す事も出来るようにしておきます。
野地他張
DSC04636_R.jpg
垂木、遮熱通気透湿シート(タイベックシルバー)張り後、通気垂木留め付けが終わり野地板張りに入りました。
屋根の形が出来ると一層大きく感じます。

DSC04638_R_201811051652350b1.jpg
杉野地板は同じ個所に継ぎ手が揃わないように数枚ごとにずらして張ります。

DSC04633_R.jpg
野地板棟部は換気用に30ミリ程度空けておきます。
屋根工事にて換気棟を取り付けます。
軒先から入る空気は屋根で暖められ棟で抜けるように換気されます。
屋根下の空気が常時入れ替わって、屋根下の湿気や室内からの湿気が溜まらないようにしています。

DSC04630_R.jpg
軒の出寸法や杉野地板幅や釘の留め方などの確認を行います。
木工事:根太、床板張 板金工事:水切り、破風巻き
DSC04608_R.jpg
木工事は室内の床下地と床板張りに進みました。
床下まで室内空間とした床下エアコンの暖房方式のため、根太に直接無垢板張りとしています。
見えない部分になりますが、床下の材木は全て桧材を使用しているので、現場内は桧の香りが漂っています。

DSC04599_R.jpg
居間食堂厨房部分の床板が張られました。
床板は桧の厚板を根太に直接張っています。
床の張り上がった所は床養生して工事を進めます。
仕上がった床全体が見えるのは工事終盤になります。

DSC04583_R.jpg
外部は板金工事が進んでいます。
窓上の水切りや張の笠木取りつけなどを行っています。

DSC04591_R.jpg
屋根は破風巻きや梁の木口巻きなどが終わりました。
外壁周りの板金工事は今日で終わりになります。

明日は電気工事の給気口や排気口の外壁貫通部の工事を行います。
来週から外部左官工事の外壁下地のラス張りが始まります。
室内は、木工事床張りが終わると天井断熱材張に入ります。
電気工事は室内配線工事なります。
蜜蝋ワックス先塗り
DSC04628_R_20181103131112f35.jpg
建て主さん参加工事の蜜蝋ワックス塗りが始まりました。
実家の広い倉庫をお借りしての作業なので、気楽にできます。

室内の天井と壁に使用する杉縁甲板に蜜蝋ワックスを先塗りします。
塗りながら居間や食堂の天井に使用する白無地の板と腰壁などに張る赤交じりの板に分けてもらっています。

DSC04626_R.jpg
ご家族での作業は家づくりの思い出の一コマになると思います。