FC2ブログ
建築家と造る木の住まい
田村建築設計工房ブログ
プロフィール

田村建築設計工房

Author:田村建築設計工房
群馬県渋川市の建築設計事務所です。自然素材を用い、想い出に残る家づくりを目指しています。
HP:http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

キッチンカウンター、建て主塗装工事
DSC06021_R.jpg
キッチン天板が届き取付が行われました。
キッチン天板下は食洗器や収納引出しが入ります。

DSC06053_R.jpg
食器棚やキッチン居間側の収納棚は建具で目隠しし、生活感が出にくい納まりとなっています。


DSC06024_R.jpg
週明けからは濡れ縁、ポーチ木製格子の工事となり、
材木の建て主塗装工事が進んでいます。

DSC06057_R.jpg
南側前面に濡れ縁が設けられ、中間領域として生活の余幅やゆとりをつくっていきます。


立上りコンリート打設
DSC06012_R_20190208144822afa.jpg
立上りコンクリートの打設です。
打設前に前日残しとなった濡れ縁部分の型枠等の確認を行いました。

DSC06016_R.jpg
ベースコンクリートの打設と同様に、役割をはっきりさせスムーズな工程となるように施工していきます。

DSC05990_R.jpg
型枠に充填したコンクリートが落ち着いたら、天端の高さを調整しながら、コテで押さえていきます。
コテで押さえた後は天端レベラーで平滑に仕上げます。

型枠の存置期間を適切に確保後、型枠を解体となります。
型枠、アンカーボルトセット
DSC05917_R.jpg
型枠やアンカーボルトセットの検査を行いました。

DSC05887_R_20190207192843297.jpg
型枠やアンカーボルトの位置、型枠と鉄筋との離れ寸法などの確認を行いました。

DSC05907_R.jpg
水糸を張って通りがよいかを確認しながら、型枠を固定していきます。
木工事:居間収納
IMG_5962_R.jpg
居間収納家具作りが始まりました。
居間側から書棚、通路側から洋服かけや掃除機などの収納として使います。

IMG_5952_R.jpg
トイレ腰壁張りが終わりました。
腰壁は水拭きが出来るように耐水性の高い材料を張っています。

IMG_5955_R.jpg
寝室は幕板や腰幕板などの造作材が取り付きました。
内法や造作材が取り付くとボード張りになります。

IMG_5963_R_2019020716492326b.jpg
外物置は巾木や棚板も取り付き木工事は完了です。

木工事は室内の造作工事や作り付け家具工事など進めています。

ベースコンクリート打設
DSC05804_R_2019020514362538f.jpg
配筋工事、外周部の型枠工事が終わり、ベースコンクリートの打設を行いました。
打設前に次工程のアンカーボルトをセットするための下準備を行っていました。

DSC05787_R.jpg
ベースコンクリートへ埋込となる金物の位置を確認しました。

DSC05838_R.jpg
コンクリートの打設は段取りよく行っていきます。
ミキサー車からポンプ車へコンクリートを受け渡し、打設していきます。

DSC05858_R_20190205143631550.jpg
コンクリートを流し込みながら、振動機で充填、
タンピングで不要な水や空気を抜くなどし、
敷地の奥から手前に向かい、適切に打設していきます。

DSC05833_R.jpg
コンクリート配送の間隔を生かして、再度のタンピングやコテで均すなどの工程も行います。

DSC05828_R.jpg
打設開始前にはコンクリートの試験を行いました。
品質に問題なく合格です。

立上りコンクリートの打設は今週後半に予定しています。